「iPhone SE」を入獄環境で2週間使った感想

iPhone SEホーム画面

9日に「 Apple Store 表参道」で「iPhone SE」を購入。
まだ脱獄ツールがリリースされていないので、久々に入獄環境で「iPhone」を使用中です。

脱獄環境が当たり前の私にとって、入獄環境で「iPhone SE」を使用するのは、戸惑う事ばかりです。初めて「iPhone」を購入した初心者のような気分です。
なかなかフィットした使い勝手になりません
使い勝手を良くするにははまだまだ脱獄環境が必要との感を強くしました。

iPhone SEホーム画面

ホーム画面があまりにも「作業中」の感が強かっただったので(左側)擬似透明アイコンを使用した(右側)

初期の頃の「iPhone」と違い「iOS」環境も充実し脱獄しなくても不自由はしないと言われています。事実、脱獄環境から入獄環境へ切り替えたユーザーも多いと思います。
しかし、改めて入獄環境で「iPhone」を使ってみると、やはり脱獄環境が恋しいです(^^;)

ホームボタンの違音

秋葉館の中の人

「秋葉館」の中の人のツイート

また、私が購入した「iPhone SE」のホームボタン。
押す毎にカチカチと音がします。
「iPhone 5s」ではそのような感覚がなかったので少々気になっていました。
そのような時、「秋葉館」の中の方が同じような症状が発生したのでAppleに問い合わせしたとありました。
しかし、交換対応にはならなかったとの事です。
残念です!

脱獄環境であればホームボタンを押さないで触れるだけで動作させる事が出来る「Activator」と言うアプリがあります。
「Activator」があれば、ホームボタンを押さず触るだけなのでカチカチ音を気にする事はなくなります。
それからも、早く脱獄ツールのリリースを!
と思ってしまう入獄環境での2週間でした。

「iPhone SE」価格改定

Appleは、22日に突然「iPhone」の価格を改定(まぁ、Appleはいつも突然ですが)しました。「iPhone SE」が5,000円安くなりました。
私は、昼過ぎにツイートでそれを知りました。
同時にツイートには14日以内なら価格改定した分を補償するとのひと言が!

計算したら当日22日が、ギリギリの14日目でした!
5,000円が戻ってくるヽ(^O^)ノ

早速、購入した「 Apple Store 表参道」に電話して手続きについて聞きました。
本体と領収書を持って来店との説明でした。
でも、その時は出先で領収書は自宅でした。帰ってもう一度出かけるのは時間的に難しいので、その旨を伝えたら「iPhone SE」本体内に記載しているシリアルコードで対応するのでOKとの返答を貰いました。

返金は、購入を一度キャンセル扱いにして再度新しい価格で購入するとの手順で行われました。
単純に5,000円を返金して貰うのかと思いましたが、実際は事務処理が手間で少々時間がかかりました。
でも、どうにか手続き終了。
「Apple」から5,000円キャッシュバックして貰ったような気持ちでした(^_^)

長く「Apple」の商品を購入していますが、価格改定で返金を受けたのは今回が初めてです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です