欧州旅行のネット環境はどこの国でも使える「Vodafone IE」が便利!

今回はiPhone 5s用、iPad Air用に2枚購入

私は過去に何度か欧州観光旅行しました。
旅行期間中もiPhone、iPadでtwitterやInstagramなどをしたいので、私の海外旅行ではインターネット環境を確保するのが必須です。
過去の海外旅行のインターネット環境に試行錯誤した私が現在お勧めするのが「Vodafone IE」(アイルランド)のプリペイドSIMカードです。

過去の欧州旅行でのインターネット環境

今までの旅行はツアー観光なので飛行機、ホテル、日程などは旅行会社任せ。一部フリー観光の日程を計画するだけなので楽でした。
そのような中で唯一自分自身で解決しなくてはならなかったのがインターネット環境の確保です。

フリー観光の方たちがブログなどで報告している空港内や街中で現地キャリアのSIMカードの購入は自由時間がほとんどないツアー観光では無理です。
そのため私はツアー観光でも利用可能で便利なインターネット環境にいろいろとトライしました。

●最初のフランス旅行は、無難にモバイルルーターをレンタル
2013年9月23日「海外で「iPhone 5」を使う!【検討編】」
●二度目のスペイン旅行は、スペイン国内の通販会社からプリペイドSIMカードを購入。日本まで発送してもらい出発までに準備しました。
2014年3月8日「カンプノウ」へ行って来ます!【プリペイドSIM編】
●三回目はイタリア、フランス、スペインを周遊するため欧州のほとんどの国で使える「Vodafone IE」のSIMカードを購入。やはり日本まで発送してもらい開通作業を行いました。
2015年3月14日欧州周遊ツアー【SIMカード検討編】

そして昨年の地中海クルーズでは、再度Vodafone IEを選択しました。
それは過去の使用経験の中でVodafone IEがもっとも安く使い勝手が良かったからです。
では、レンタルモバイルルーターと現地プリペイドSIMカードは何処に欠点があったのでしょうか?

レンタルモバイルルーターのデメリット

レンタルモバイルルーター

レンタルモバイルルーターは1日1,000円前後

レンタルモバイルルーターのデメリットは、
料金が高い
使わなくても料金が発生する
です。
契約、サポートなどすべて日本語なので他の方法に比べ敷居は低いです。でも、それ以外の料金やパケット使用量でメリットはありません。

レンタルモバイルルーターの欧州プランは通常価格1,000円/日前後です。
キャリアのローミングより(2,980円/日)は安いですが現地調達のプリペイドSIMカード(31.65ユーロ/月)に比べかなり高くなります。

また、契約が日本出発から到着までなので現地で使っても使わなくても料金が発生するのもマイナスポイントです。
通常欧州観光は7〜10日なのでレンタルモバイルルーターを契約すると10,000円程(現地SIMカードの2倍)かかります。

現地で毎日バリバリ使うなら良いですが、あまり使わないならかなりの割高感があります。
でもバリバリ使い過ぎて3日間で400MBを越えるとスピード制限を受けます。肝心な時にスピード制限を受けたら意味がありません。

現地プリペイドSIMカードのデメリット

スペイン通販会社から現地SIMカードを購入

スペイン通販会社から現地SIMカードを購入

現地プリペイドSIMカードのデメリットは、
1カ国限定で複数国で使えない
毎年訪問しないと残金がムダになる
です。

料金はレンタルモバイルルーターの半額ほどに抑えられます。
日本へ発送してくれる業者を見つければ(スペインは可)事前に開通手続きができるのでツアー観光でも利用可能です。

現地プリペイドSIMカードは当該国のみの滞在旅行ならOKですが、それ以外の国で使用することはできません。そのため周遊型観光で複数国に行く場合はNGです。

一般的な観光客の場合同じ国に何回も訪問する事はあまりありません。スペインに行ったら次はドイツ、英国などといろいろな国を観光する人が大半。
すると、その国のプリペイドSIMカードが使い切らず残ってしまいます。ある期間(約1年)過ぎると残金が消滅してしまうので結果として割高になるのもデメリットです。

Vodafone IEのメリット

e-bayでVodafone IEを購入

e-bayからVodafone IEのプリペイドSIMカードを購入(左側) 今回はiPhone 5s用、iPad Air用に2枚購入した(右側)

このようなレンタルモバイルルーター、現地プリペイドSIMカードのデメリットに対してVodafone IEのメリットは、

日本までの発送に対応
料金が安い
欧州と北米、豪州など幅広い国々で使える

です。
以前はVodafone IT(イタリア)も日本発送していたのですが、昨年から不可になってしまいました。そのため今日本発送に対応している欧州圏内使用可能なプリペイドSIMカードは(たぶん)Vodafone IEのみです。

Vodafone IEは1日200MB、2.99ユーロと大変安いのが魅力です。また、1日の間に国を跨いでも重複課金さません。ツアー観光で1日で複数国を移動しても2.99ユーロで済みます。

Vodafone IEは、英国では1日200MB/1.99ユーロ、それ以外の欧州では2.99ユーロと激安!

Vodafone IEは、英国では1日200MB/1.99ユーロ、それ以外の欧州では2.99ユーロと激安!

Vodafone IEのプリペイドSIMカードの対応範囲は欧州だけでなく北米、豪州などと広く、一般の観光旅行で行く地域の多くをフォローしています。

毎回違う国へ観光に行っても1枚のVodafone IEのプリペイドSIMカードがあればどこでもインターネット環境が確保されます。
別の国に行く都度、現地SIMカードの調達に手間暇かける必要がないのはかなりメリットです。

また多くの国で使えるので前回の旅行で使い残していた残金がそのまま使い続けられます。
Vodafone IEのプリペイドSIMカードは最終使用日から1年間有効。1年以内にチャージすれば、その時点からまた1年間有効になります。
つまり、期限切れ間際にチャージすれば約2年間1枚のプリペイドSIMカードを維持できます。チャージの最低金額は10ユーロなので、約1,200円で2年間回線を維持できるわけです。
プリペイドのデータ回線が(事実上)ない国内市場ではキャリア回線でもMVNO回線でも2年間1,200円で回線維持できません。それからもVodafone IEのランニングコストが安いのが実感できます。

と言う事でVodafone IEが最強!

旅行情報サイト「フォートラベル」やITに詳しい方のブログなどを見ても、このVodafone IEの事はほとんど知られていないようです。
私が知る限りVodafone IEについて詳しく書いてあるのは「『シニア旅人』の旅情報」だけです。

英語(e-bay)での海外通販になるので敷居が高い面があるとは言え、英語が苦手な私にもできたのですからだれでも大丈夫です!(キッパリ!)

日本発送に対応しているので海外旅行出発前にプリペイドSIMカードの設定ができます。
現地で購入する時間があったとしてもショップに寄ったり設定をしたりと時間が必要です。でも、日本で設定が完了していればその時間を観光に使えます。
観光時間を減らさないで済むと言うのも大きなメリットになるはずです。

こんなに便利なVodafone IEが知られていないのはもったいないと常々感じています。
Vodafone IEからは一銭ももらっていませんが、私が実際に使用して使い勝手が良かったので紹介しました!

【過去の参考記事】
2013年9月
海外で「iPhone 5」を使う!【検討編】
海外で「iPhone 5」を使う!【レンタル契約編】
海外で「iPhone 5」を使う!【現地編】
2014年3月
「カンプノウ」へ行って来ます!【プリペイドSIM編】
「カンプノウ」へ行って来ます!【SIMカード到着編】
「カンプノウ」へ行って来ました!【トラブル編】
2015年3月
欧州周遊ツアー【SIMカード検討編】
欧州周遊ツアー【SIMカード到着・設定編】
欧州周遊ツアー【SIMカード使用結果編】
2015年11月
西地中海クルーズ【再チャージ編】
西地中海クルーズ【まとめ編】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です