待つ事4ヶ月、iOS 9.3.x用の脱獄ツールがやっとリリースされた!

iOS 9.3.3用の「Pangu iOS 9.2-9.3.3」

7月24日、SANTAさんのtwitterでiOS 9.2〜9.3.3の脱獄ツールがリリースされたのを知りました

4月9日にiPhone SEを購入してから約4ヶ月。
長かった!
実は、もっと早くの脱獄ツールのリリースを予想していたから4月に購入したんです…

続報で「iOS 9.2〜iOS 9.3.3の脱獄は「完全脱獄」ではない。再起動後に一手間。ただし実用レベル」とあるように完全脱獄ではありませんでした。でも、今までの「仮脱獄」とも違いiOS端末内で解決するので「ほぼ完全脱獄」とSANTAさんは説明しています。

今回リリースされたのは中国語のWindows版でした。
ただ、今までは1週間ほどでアップデートし英語版が出ていました。
また、アップデートで「ほぼ完全版」から「完全版」になる予想しそこまで待つつもりでした。

ところが、翌日に「Pangu iOS 9.2-9.3.3」を元にしSaurik氏がMac、Linuxに対応した英語版をリリース

さらに、26日にはiOS端末だけで脱獄できるツールがリリースされると目まぐるしい動きをしてきました。
iOS端末だけで脱獄できるって過去にあった「JailBreakMe」を思い出させます。確かにPC、Macを使わないJailBreakMeは脱獄作業が簡単だった記憶があります。

これだけ早い動きがあったので速攻で脱獄したくなりました。
一押しはiOS端末だけで脱獄できるツール。次がMacで脱獄できるツールです。
でも、ここで問題がありました。
7日問題」です。
iOS端末だけでの脱獄ツールとMac、Linuxに対応した脱獄ツールにはこの7日問題があります。
詳しくはSANTAさんの記事を参考にしてほしいのですが、簡単に言うと、

7日経つと脱獄環境が維持できなくなり入獄に戻ってしまう

らしいです。
つまり1週間ごとに脱獄をし直さないといけないわけです。
これは、Apple IDの署名の問題なのでクリアーするには脱獄ツール作成者が脱獄ツールの署名を個人署名から企業署名にしなくてはいけないので利用者にはどうしようもありません。

そうこうしている内に、iOS端末だけで脱獄できるツールがダウンロードできなくなってしまいました。証明書がAppleから停止されてしまったとの事です。
一押しだったのに…

この結果、最初にリリースされた中国語Windows版のPangu iOS 9.2-9.3.3が一番問題が少ない脱獄ツールと判明しました。
自宅の「Mac mini」には「Parallels Desktop」がインストールされているのでWindows環境でも脱獄は可能。前回のiOS 8.xの際もWindows環境で脱獄を行ったので手順はマスターしています。

と言う事でWindows環境で脱獄をする事にしました。

インストール作業

iOS 9.3.3用の「Pangu iOS 9.2-9.3.3」

iOS 9.2〜9.3.3用の「Pangu iOS 9.2-9.3.3」

通常は1世代前のiOS脱獄バージョンから最新のiOS脱獄バージョンに移るので対応する脱獄アプリがないと実用的ではありません。そのため私は必須の脱獄アプリが対応してから移行していました。
でも今回私は入獄状態。脱獄するだけで不自由な入獄環境から逃れられるのでメリットだけです。

そんな中でキーアプリの「Activator」が29日に早々完全対応したので脱獄するのに迷う事はなくなりました。
私は30日に脱獄。一部のユーザーには不具合が出たようですが、私は問題なく10分弱で脱獄完了しましたヽ(^O^)ノ

脱獄ツールのiPhone SEへのインストール完了画面

脱獄ツールのインストール完了画面

脱獄完了!

脱獄完了!

脱獄後まずActivatorをインストール。次にmotashiさんの「SilentPatcher84」をインストールです。
SilentPatcher84はカメラのシャッター音とスクリーンショット音を消音にするアプリです。SilentPatcher84が無事インストールできたのは大きいです。
入獄状態で何が不便って、カメラのシャッター音とスクリーンショット音です。これが消音になるだけでも脱獄する価値があります。

それ以外で私の必須アプリのインストールを試みました。

VirtualHome
FakeCarrier
iBlank

残念ながらこれらはいずれもダメでした。
そもそもインストールできません。もっとも、インストールし起動したら不具合でSafeModeに入ってしまわなかっただけでも幸いでした。

Cydiaがホーム画面にある! iPhone SE脱獄完了!

Cydiaがホーム画面にある!

Cydia

Cydia

この中では特にVirtualHomeは重要な脱獄アプリです。
VirtualHomeはホームボタンを押さないで触るだけでTauch ID機能が動作するアプリ
以前アップしたように私のiPhone SEのホームボタンは「カチカチ」と音がして使用感が気になる個体です。

VirtualHomeをインストールできればホームボタンを押さなくてすむので操作が快適になる事請け合いです。
正しく言うとVirtualHomeが対応していないのではなくCydiaが有料アプリの購入を許可していないだけ。
これは毎回の事です。課金システムが正常に動作するのが確認できればインストールできるようになります。それまでしばしの我慢です。

今回はiPhone SEのみ。既に脱獄しているiPad Airは脱獄アプリが揃ってからの予定です。

「iPhone SE」を入獄環境で2週間使った感想

2016.05.05

追記

記事をアップした日の午後、SANTAさんのtwitterでCydiaで新規購入が可能になった事を知りました

やった!

でもSANTAさんが「Cydia Store側がiOS 9.2~9.3.3での『新規購入を解放』ということであり、全ての脱獄アプリが購入出来るようになったわけではありません。」言っているように私が希望するVirtualHomeはまだ購入できませんでした
まだしばらく我慢です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です