イオンモバイルとmineoを使ってみた。回線速度などをチェック!

イオン板橋店でイオンモバイルを契約

MVNO2回線の契約

MVNO回線、始動です!

7月中旬、最後に残ったau2回線を解約したのに伴いMVNO回線の契約をしました。

まず、7月23日に板橋のイオンに行きイオンモバイルの契約をしました。
事前の電話確認では開通まで2〜3時間見て欲しいとの話でしたが、朝イチに行ったおかげでお客がまだいず1時間で開通作業が完了しました。

携帯売り場の一角にあるイオンモバイル売り場

携帯売り場の一角にあるイオンモバイル売り場

当初はデータプラン4GBを予定していました。でも、6月18日から8月31日まで「2GB増量キャンペーン」を行っていたので2GBで契約。
私の使用環境ではiPhone SEは3.5GBが上限なので6GBも入りません。2GBで契約しキャンペーンの2GBで合計4GBです。そして、キャンペーンが終わる3ヶ月後(11月)から4GBにプラン変更します。イオンモバイルはデータ容量の変更には手数料がかからないので気軽にできます。

続いてmineoです。
エントリーコードはAmazonから購入したので約1/3の909円で済みました。
mineoはWebサイトからの手続きになります。
mineoはdocomo回線とau回線があります。イオンモバイルがdocomo回線なのでmineoはau回線にしました。
万が一の事を考えたら複数の回線を持っていた方がリスク低減になり安心です。

mineoはiPad Airでの使用なのでシングル(データ)プラン1GB
もし容量が足りなくてもmineoは「フリータンク」と言う相互扶助の素晴らしいシステムがあるので貸してもらえます。
相互扶助なので余った月があったらフリータンクに余り分を入れます。

回線速度の測定【イオンモバイル】

新しい回線が開通したら、まずやる事は回線速度の測定です。
自分の生活環境でどれ位の速度が出るかは実際に測定しなくてはわかりませんからね。

まず、イオンモバイル
混雑していない場所や休日などでは10Mbps以上と申し分ない速度が出ています。

イオンモバイルの回線速度の測定。朝の通勤電車内にて

イオンモバイルの回線速度の測定。朝の通勤電車内にて

イオンモバイルの回線速度の測定。朝の通勤電車内でも場所によっては10Mbpsを越える事がある

イオンモバイルの回線速度の測定。朝の通勤電車内でも場所によっては10Mbpsを越える事がある

イオンモバイルの回線速度の測定。お昼時間帯にて

イオンモバイルの回線速度の測定。お昼時間帯にて

イオンモバイルの回線速度の測定。夕方の通勤電車内にて

イオンモバイルの回線速度の測定。夕方の通勤電車内にて

朝夕の通勤電車内は2〜3Mbps。でも、電車内でtwitterをする分には影響がない範囲です。

もっとも気になるお昼休み時間帯。
神田駅周辺での測定では1Mbpsを大きく切ってしました
予想されていた事とは言えやはりお昼時間帯の回線速度はキャリア回線とは大幅に違います

回線速度の測定【mineo】

次はmineoのau回線。
mineoのdocomo回線はオープン記念で9ヶ月無料の際に申し込みました。その評価はあまり良くありません。通常時間帯でも5Mbps前後。各MVNO業者の厳しい比較対象になるお昼時間帯は0.5Mbps前後でtwitterの閲覧もかなり厳しかったです。
今回au回線にしたのはdocomo回線の評価が良くなかったからという面もあります。

mineoのau回線の回線速度。朝の電車内

mineoのau回線速度の測定。朝の通勤電車内にて

mineoのau回線。午前とお昼時間帯での速度の違い。混雑していなければ20mbps出るもピーク時は激遅。これはMVNOすべての回線の特長

mineoのau回線、神田駅近くで測定。午前とお昼時間帯での速度の違い。混雑していなければ20Mbps出るもピーク時は激遅。これはMVNO回線すべてで同様

mineoのau回線速度の測定。夕方の通勤電車内にて

mineoのau回線速度の測定。夕方の通勤電車内にて

回線速度の測定【休日】

休日の土曜日昼間。JR中央線の電車内でも測定しました。
やはり車内が満員でないため平均の回線速度は高くなって3〜5Mbpsとなっています。場所によっては20Mbpsを越える地点もありました。

イオンモバイル回線で測定。電車内でも20Mbpsを越えた

イオンモバイル回線で測定。電車内でも20Mbpsを越えた

イオンモバイル回線で測定。でも、多くの地点では3〜5Mbps。これが通常の回線速度と思った方が良いかも

イオンモバイル回線で測定。でも、多くの地点では3〜5Mbps。これが通常の回線速度と思った方が良いかも

これらの回線速度の結果からわかるのは、

MVNO業者で大きな違いはない
平均の回線速度は3〜5Mbpsと考える事

お昼時間帯は確実に1Mbpsを切る
混雑していなければ20Mbpsを越える事もある

平均値の3〜5MbpsあればtwitterやInstagramはストレスなく閲覧できる速度なのでコストパフォーマンスからしたら満足するスペックと思います。
ただ、1Mbps以下になるとtwitterの画像やInstagramを表示するにも少々時間がかかります。お昼時の1Mbps以下に耐えられないならMVNO回線は止めた方が無難です。

まぁ、月額料金を1,000円に抑えるためお昼時間帯の回線速度を我慢するか、一部でも回線速度が遅いのには我慢できないので3,000〜5,000円をキャリアに支払うかの選択になります。
私は当然前者なので、このままMVNO回線を続けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です