ローマ観光【ヴァチカン市国「聖年の扉」の予約表やっと到着】

ヴァチカン市国・聖年の扉を見学予定

10月5日、ヴァチカン市国から「聖年の扉」のバウチャー(予約表)がメールでやっと届きました
9月21日にヴァチカン市国の予約フォームから申し込んで18日目です。

Webサイトで見つけた「聖年の扉」予約方法のQ&Aページでは申し込みからバウチャー添付メールが届くまで10日前後と書かれてあったのでヤキモキしていました。
そこで、万が一のために一緒に行く家族名で数日前にも予約をしたところでした。

5日にバウチャー添付メールが届いたのですが、何と最初の申し込みと家族名の申し込みの両方が同時に届いていました。
18日間の差の予約フォームからの申し込みが同時です…
これって、ヴァチカン市国では聖年の扉のバウチャーの発送手続きを2週間に1度しかしていない、って事なのかなと思いました。
「聖年の扉」の予約方法のQ&Aページでは10日前後かかったという人と数日で届いたという人がいて不思議でした。でも、2週間に1度の作業ならこの時間の違いが理解できます。

ヴァチカン市国「聖年の扉」のバウチャー(予約券)

届いたヴァチカン市国「聖年の扉」のバウチャー(予約表)

それにしても、聖年の扉のバウチャーの手続きって手作業なんですかねえ?
今時、後日抽選でない限り予約フォームから申し込みさせるなら即日発行のシステムにできると思うのですが…
むしろシステムに組み込んでしまった方が時間的、人的負担が少ないはずです。

即日発行しないとか2週間に1回の作業(推測)とか、ヴァチカン市国もラテン気質なのでしょうか?
時間軸が日本とはまったく違うようです。
11月のローマ旅行は、このラテン気質を踏まえて行動しなくてはイライラしてしまいますね(^_^)

いずれにしても、これでやっと家族の希望の聖年の扉見学が可能になりました。ひとまず安心です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です