「Spotify」のランダム再生は新しい曲との出会いの可能性を高める!

やっと日本でのサービスを開始したSpotify

「Spotify」が日本でのサービス開始!

私自身、音楽ストリーミング配信サービスにそれほど興味があるわけではありません。
でも、何度も噂されながらなかなか日本でのサービス開始をしなかったSpotifyがやっとスタートし、ネット上では盛り上がっていました。
そこで、Spotifyがどんなモノか調べたら「Apple Music」など他の多くの音楽ストリーミング配信サービスにない無料プランがあることを知りました。

私の音楽視聴状況では月額1,000円前後払うのは高過ぎます。しかし無料ならお試しを兼ねて使ってみようとの気分になりました。
さらに、Spotifyが利用ユーザー数世界No.1といわれていますのでどんなのサービスなのかも興味がありました。

サービス開始当初は招待制でした。
招待コードでサービス開始した過去のネットサービスの例ではユーザーに招待コードが届くまで数ヶ月かかったこともありました。
話題のモノをチョット試したかったので急いでいませんので、数ヶ月待ちを前提にリクエストをしました。

すると予想外に早く2週間ほど経た10月14日に招待コードが届きました
予想外に早かったので使い方などをチェックしていなかったので急遽ググッて調べたのは内緒です^^;)

無料プランの制限項目

スペイン・ポップスをフォローしMY MUSICに登録

スペイン・ポップスをフォローしMY MUSICに登録

Spotifyの無料プランはいろいろの制限があります。主な点は、

・広告が入る
・ビットレートが低い
・ランダム再生のみ

です。

無料なので広告が入るのはしかたがありません。
でも、30分に1度程度。テレビやラジオよりも少ないので許容範囲です。
ただその広告内容に違和感があります。ナレーションの中にムダに巻き舌の英語を入れたまるで某FM局のような広告がありました。これをカッコいいと思っているのでしょうか…
ルー大柴氏のムダに英語を入れたセリフはギャグなので受け入れますが、この英語劣等感丸出しの広告は気持ち悪さを覚えました。
この広告だけが許容範囲外でした。

再生ビットレートが低いのも無料なのでしかたがないでしょう。
そもそもiPhoneなどで聴くのに音質優劣はありえないでしょう。機器1台に何十万円以上もかけるようなビュアオーディオの音質から比べたら所詮は五十歩百歩。
その五十歩百歩の音質で無料になるのならその方が嬉しいというのが私の考えです。

ランダム再生

私の好きなEstopaの画面はこんな感じ!

私の好きなEstopaの画面はこんな感じ!

心配だったのはランダム再生でした。
私は今までアルバム単位での再生で聴いていたので、ランダム再生を受入れなければSpotifyを使い続けることはできません

しかし、実際に体験したところ違和感がありませんでした。
むしろメリットさえ見えてきました。
そのメリットは、
新しい曲と出合えるチャンスが出てくる
です。

iTunesではどうしても気に入った曲を繰り返し聴くようになってしまいます。
Spotifyの無料プランはランダム再生が強制となっています。そのため持っていないアルバムで気に入った曲と出会う可能性が高まります。
Apple Musicなどでも自分が持っていないアルバムも聴けるシステムになっていますが、なかなか積極的に聞きに行くことがないのではないでしょうか。
その点、Spotifyの強制ランダム再生で音楽のレパートリーが広がる感触があります。

この新しい出会いが無料で体験できるようなので私はしばらくSpotifyを使ってみようと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です