「IIJmio」SIMカード到着。早速「低速通信」を試してみた!

1枚目のIIJmioのSIMカードはiPhone SE用

29日、期日指定通りに「IIJmio」のSIMカードが届きました。
同日、今まで契約していたイオンモバイルとmineoの解約手続きをしました。
今回のIIJmioの契約は「ライトスタートプラン/6GB SMSなし」プランです。

IIJmioの封筒には「格安SIMは品質で選ぶ」と書いてある!

IIJmioの封筒には「格安SIMは品質で選ぶ」と書いてある!

1枚目のIIJmioのSIMカードはiPhone SE用

1枚目のIIJmioのSIMカードはiPhone SE用

イオンモバイルでの利用状況からメインのiPhone SEは6GBあれば十分とわかりました。
また、SMSはまったく使わないのでSMSなしを選択しました。わずか140円とはいい使わないのにお金を払うのはバカらしいですからね。

データ容量を消費しない「低速通信」機能

今回IIJmioで試したかったのがあります。
低速通信機能です。今までメインで使っていたイオンモバイルにはなかった機能です。mineoには同様の機能はありましたが、iPad Airでは必要なかったので使いませんでした。

IIJmioの場合「クーポンスイッチ」で「低速通信」に切り替えるとデータ容量を消費しない仕様となっています。
ストリーミングミュージックやtwitter程度なら低速通信でも十分らしいです。
今、通勤電車内で「iTunes Music」や「Spotify」を聴いています。イオンモバイルで結構データ容量を消費していたのがこれらストリーミングサービスです。
これがスイッチ切り替えでデータ容量を消費しないのなら私にとって魅力的な機能になります。

IIJmioの通信速度切り替え。これは高速通信時

IIJmioの通信速度切り替え。これは高速通信時

IIJmioの通信速度切り替え。これは低速通信時

IIJmioの通信速度切り替え。これは低速通信時

Webサイト上でのニュースサイトや使用ユーザーの調査結果やイオンモバイル、mineoを使っていた経験からスピード測定をしないでもIIJmioのだいたいの回線速度の傾向は予想がつきました。
そこで今回チェック項目のメインは低速通信がどのくらい実用になるです。

実際に使用した結果はWebサイトでの評価の通りほぼ問題のない範囲です。
「ほぼ」といったのはSpotifyはほとんど音切れは発生しませんでしたが、twitterでは画像があると表示が遅くなる傾向があったからです。私の実感としてはSpotifyは問題ないが、画像が多いtwitterは高速通信でないとストレスになります
低速通信は、データ消費が大きいSpotifyで使えるのですから十分実用的機能と結論付けました。

スピードチェック

最近はあまり気にしなくなった回線速度測定(^^;)
念のため通勤電車内で測定をしました。

IIJmioの回線速度測定。朝の通勤時間帯。約11Mbpsと十分な速度

朝の通勤時間帯。約11Mbpsと十分な速度

IIJmioの回線速度測定。夕方の通勤時間帯。約27Mbpsと驚きの速度

夕方の通勤時間帯。約27Mbpsと驚きの速度

低速通信時の速度。これでもSpotifyやtwitterは問題なくつながる

やはり、お昼の時間帯は激重になる

低速通信時の速度。これでもSpotifyやtwitterは問題なくつながる

低速通信時の速度。この速度でもSpotifyの視聴は問題ない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です