DVDドライブが起動しなくなったので「I-O DATA 」の「EX-DVD04W」を購入!

同じDVDドライブなのに、その大きさの差に驚き!

DVDドライブが起動しなくなったので、新しいDVDドライブを買いました。

今まで使っていたのは、「Logitec」製です。このDVDドライブは、何年前に買ったのか思い出せないほど昔に購入したモノ。もっとも、中身のDVDドライブは一度交換していますので、すべて初期のままではありませんが、ケースや基板部分はそのままです。ホント長持ちしました。

長いこと使っていたLogitec製のDVDドライブ

長いこと使っていたLogitec製のDVDドライブ

「Logitec」の内蔵DVDドライブと交換したのは「Pioneer」製でした。
当時、データのバックアップなどにはDVDがメインだったので、各社から内蔵DVDドライブが販売されていました。その中でも、Pioneer製品は品質と同時に当時でも数少なかったリージョンフリー機種でした。海外販売のDVD映画を見るのはリージョンフリーが必要だったのでマニアから高い支持を得ていました。
もっとも、Pioneer自身はリージョンフリーとは明言していませんでしたが、Webサイトの情報でそれは公然の秘密でした…

今回、内蔵DVDドライブの不良だったので、信頼性が高かったのでPioneer製を再度購入しようとAmazonなどを見たら、時代は大きく変っていました。
Pioneerなど昔の大手メーカーはすべて撤退。その代わりに販売されているのは、韓国メーカー、中国メーカーがほとんどです。

しかし、改めて現在のDVDドライブの使い方を考えると、ここ数年は年に数回しかDVDドライブを使っていないことに気が付きました。

何故なら、今はバックアップにDVD-ROMはまったく使っていません。データはすべてHDDにバックアップしています。DVDに書き込みもここ数年行った記憶がありません
また、リージョンフリーであるべき理由も今はまったくありません。

そのような視点からすれば、再生できればOKです。
改めてAmazonでDVDドライブを探しました。現在の製品はノート型との併用がメインなのでスリムでコンパクトです。「Logitec」当時のような大きく重たいモデルはありません。
そして、最終的に購入したのが「I-O DATA / EX-DVD04W」です。

新たに購入したのは「I-O DATA」の「EX-DVD04W」

新たに購入したのは「I-O DATA」の「EX-DVD04W」

「I-O DATA / EX-DVD04W」の内部ローディング部分

「I-O DATA / EX-DVD04W」の内部ローディング部分

コンパクトなので、普段は机の引き出しに入れて、使う際にだけ取り出して使えます。
今までのLogitecがなくなった分Mac mini回りがスッキリとしました。

1 個のコメント

  • た・・助かりました・・・orz (笑)

    実は、モノマニアさんのサイト記事
    http://monomania.sblo.jp/article/57992804.html
    に、EX-DVD04Wと、usb-cタイプのMacは、別途mini-b to usb-c ケーブルを買って直接つなげと書いてあったのですが、
    なぜusb3.0スピード対応なのにmini-bなんだよと思い、1時間ぐらい調べてました。

    メーカーの取説pdfには、あたかも2.0のmicro-b みたいな絵が描いてあるし、
    どれが本当なんだ!!と思ってたところ、この記事の写真が。

    一目瞭然でした(TT)
    自分が必要なのは、usb3.0 micro-b to cだと判明。
    まちがったケーブル買うところでした。

    本当に、本当にありがとうございます!!

  • Tちゃん にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください