急遽、「Amazon Student」に加入した理由

Amazon Studentの特典

6月3日、急遽「Amazon Student」に加入しました。
理由は、間違って「Amazonプライム」に加入してしまっていたからです。

経緯を説明すると、4月に「Amazonプライム1ヶ月無料体験」に応募しました。
しかし、解約するのを忘れていて1ヶ月後にAmazonプライム正会員になってしまっていたようです。6月3日にAmazonから「プライム会員の方へ」とのメールが来たので、解約を忘れていたことに気付きました。
メールをたどってみると5月にAmazonからカード決済のお知らせが来ていました。その時点で気付くべきでしたが、AmazonからはDMがたくさん来るので見落としていました。

そもそも、Amazonプライムの年会費3,900円は私のAmazon利用状況ではメリットが少ないので加入するつもりはありませんでした。なのに、Amazonプライム会員になってしまいました…

どうしようかと考えたどり着いたのが、Amazon Studentへ乗り換えることです。Amazon Studentなら1,900円。この金額なら多少はメリットがあると考えました。放送大学がAmazon Studentの対象学校になっているので私にも資格があります。

Amazon Studentはキャンペーン中だが、私は対象外...

Amazon Studentはキャンペーン中だが、私は対象外…

Amazonは6月のキャンペーンで、Amazon Student新規登録者への1,000円クーポンプレゼントをしています。
しかし、以前に無料体験を使った私の場合、このキャンペーン対象外になってしまうので、最初から1,900円が発生します。でも、Amazonプライム年会費より2,000円安いので、Amazon Studentの手続きをしました。

Amazonプライムに加入している会員がAmazon Studentに変更すると、手続き以降はAmazon Studentの年会費が適用され、プライム年会費が返却されます。
今回の私のように誤ってAmazonプライムに加入してしまったケースではAmazonプライム手続きが事実上キャンセル扱いになるので大きなメリットとなります。
結局、Amazonプライムは、1ヶ月分の325円(3,900円/12ヶ月)の出費で済みました。そして、2017年6月から4年間は年間1,900円になります。

Amazon Studentの特典で私が一番恩恵を受けるのは、2,000円以下での注文でも送料無料になる点です。
2,000円以下の小物の購入の際には350円の送料を減らすため教育指導要領などを単価が安い書籍(150円前後)を同時購入していました。
しかし、Amazon Studentになればそのような手間が必要なくなります。安い物1個でも送料無料になります。私にとって、このメリットは大きいです。

Prime Musicは、収録曲数でSpotifyに劣るので無料だが使わない

Prime Musicは、収録曲数でSpotifyに劣るので無料だが使わない

でもそれ以外の特典は、あまり利用しないかなと思っています。
例えば、「Prime Music」
私は、先日「Spotify」の学割プランに加入したばかりです。
Amazon Studentに加入したので今後Prime Musicは無料で利用できますが、フォローしている曲数はSpotifyの方が充実しています。マイナーな曲を聴くならSpotifyは外せません。
このため、Spotifyを止めてPrime Music利用するつもりはありません

写真をクラウドに保存できる「Cloud Drive」
過去にいろいろなクラウドサービスを利用してきました。FlickerやGoogle Drive等々。
でも、通常はiPhoneで撮影、旅行に行った時にコンデジで撮影するくらいの撮影状況の私。iPhoneの画像データは撮影した当日に、コンデジのデータも旅行から帰って「Photo.app」に即アップロードしています。
また、「Photo.app」のデータは定期的に別のHDDにバックアップを取っています。この手順で今まで問題なく保存されてきました。
確かに理屈では、地震や火災などが発生した場合、同じ場所にバックアップしたデータがあるのでは同時に消滅してしまいます。
でも、ここ10年ほどを振り返ると、地震や火災に合う確率よりもクラウドサービスの事実上の停止に合い、データを移動させなければならない確率の方が高いのは明らか。データをすべて移行できれば良いが、古いデータは移行できないケースもあります。
以前はクラウドサービスを救い主のように思っていた時期もありました。でも過去の経験から、自宅のHDDにバックアップの方が便利で安心と考えるようになりました。
このため、Cloud Driveを使うとしてもサブとしてでメインには使いません。

【追記】
これをアップしようとしていた8日。米国Amazonの「Amazon Drive」の無制限プランが廃止とのツイートがありました。
やはり、クラウドサービスは信用できないとの考えが加速されたと感じました。

プライム・ビデオは、家族が利用するかもしれない

プライム・ビデオは、家族が利用するかもしれない

その都度、借りに行く必要がなく映画やテレビドラマなどが見られる「プライム・ビデオ」
自分の好きな映画は既にリッピングしてHDDに保存してあります。また、テレビドラマはまったく見ません。なので、このサービスもほとんど使わないのは明らかです。まぁ、家族が映画をよく見るので、家族には嬉しいかもしれません…

このように、結局私がAmazon Studentに加入しても使う特典は、配送料無料と翌日・時間指定配送だけになりそうです(^^;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です