ANKER「PowerCore 13000」の出力電流チェック

iPad Air+Apple純正Lightningケーブルの出力電流

先日買い替えたANKERの「PowerCore 13000」で出力電流のチェックを行いました。
これは今まで使っていた「Anker Astro3 第2世代」購入時にも行った恒例行事です。
チェックに使ったのは株式会社センチュリーのUSBパワーメーター「CT-USB-PW」です。
Lightningケーブルには常時携帯している、

Apple純正Lightningケーブル(50cm)
ANKERのLightningケーブル(1m)

の2本を使いました。
どちらのLightningケーブルも出力電圧は約5.0Vだったので、比較は出力電流だけにしました。

iPhone SE

iPhone SEでは、Apple純正Lightningケーブルが0.74Aだったのに対して、ANKERのLightningケーブルは0.51Aと予想よりも低い結果が出ました。

iPhone SE+Apple純正Lightningケーブルの出力電流

iPhone SE+Apple純正Lightningケーブルの出力電流

iPhone SE+ANKERのLightningケーブルの出力電流

iPhone SE+ANKERのLightningケーブルの出力電流

iPad Air

iPad Airでは、Apple純正Lightningケーブルが1.87Aに対して、ANKERのLightningケーブルは1.81Aとほぼ同じ数字を出し、ケーブルの差は認められませんでした。

iPad Air+Apple純正Lightningケーブルの出力電流

iPad Air+Apple純正Lightningケーブルの出力電流

iPad Air+ANKERのLightningケーブルの出力電流

iPad Air+ANKERのLightningケーブルの出力電流

バッテリー切れを起こすのはバッテリー容量が少なく、使う機会が多いiPhone SEです。
また、充電しながらも使いたいので多くはANKERの1mのLightningケーブルを使っています。そのため、iPhone SE+ANKERで大きな差が出たのは少々残念です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です