iOS11.3.1用脱獄ツール「Electra」がリリースされる!

リリースされたiOS11.3.1用脱獄ツール「Electra」

7月7日、七夕の日に待望のiOS11.3.1対応の脱獄ツール「Electra」がリリースされました!!
かなり手こずりましたが、無事に脱獄完了!
今回はその顛末をレポートします。

6月上旬、開発者のツイートによる確かな情報としてiOS11.3.1対応の脱獄ツールのリリース予告がありました。
情報元は信頼できるiOS脱獄情報を提供しているSANTAさんの「Tool 4 Hack」
iOS9.3以降、噂止まりでなかなか全機種対応の脱獄ツールのリリースまで至らないケースが多かった中で、久々に現実的なリリース時期を明示したので一気に期待大になりました。

この時期、iOS11.3.1のアップデータを提供するギリギリのタイミングと思われたので、リリース予告の記事があった3日に即iOS11.3.1にアップデートしました。
つまり、一時的に入獄状態になったわけです。実際にiOS11.3.1へのアップデートが不可能になったのは22日でした。

6月上旬の開発者のツイートの勢いだと1週間程でリリースするものと期待をしていましたが、最後のところで手間取っているようで、中々リリースされません。
結局、リリースされたのは私が入獄してから約1ヶ月後の7月上旬となりました。

App Storeのアプリが充実しているのでもう脱獄する必要性はなくなったと言いますが、脱獄囚を長く経験しているとまだまだ入獄囚の不自由さを実感します。

脱獄が上手く行かない…

脱獄ツールのリリースを伝える「Tool 4 Hack」

脱獄ツールのリリースを伝える「Tool 4 Hack」

過去、私は脱獄作業のトラブルで時間を取られたくないので人柱の方々の情報を得、脱獄ツールがバージョンアップしバグが少なくなってから脱獄を行ってきました。
しかし、今回は入獄して1ヶ月経過し、一日も早く脱獄囚に戻りたかったので、自ら人柱になる覚悟でリリース当日の夜に脱獄を実行しました。

その間、既に脱獄を実行している方々のコメントからも、今回の脱獄ツール「Electra」の成功率が高くないとの情報は得られていました。
そして、実際に私が脱獄を行っても途中でエラーになり脱獄完了までたどり着けませんでした。まさに、人柱になりました(^^;)

iPhone SEは10数回繰り返ししてやっと脱獄成功でした。
「Tool 4 Hack」のコメントによると50回以上も繰返し成功した方もいるようなので10数回はまだ良い方のようです。

iPhone SEの脱獄が完了してので、サブ機のiPad Airの脱獄に取り掛かりましたが、これがiPhone SEよりも手こずりました。
10数回繰り返してもエラーで脱獄が完了しません。
結局、翌日にリリースされた「Electra MP版」を使用したら数回の失敗の後に脱獄が完了

成功率は最初の「Electra」よりも「Electra MP版」の方が大幅に良いとのSANTAさんの記事にも記載されていましたが、私の実感でも同様でした。
そこで、一度は脱獄に成功したiPhone SEですが、「Electra MP版」で再度脱獄をやり直すことにしました。

何故なら、脱獄は完了したのですが、設定画面に現れるべき脱獄アプリが表示されないなどの不具合が発生していたからです。
原因は、「Tool 4 Hack」の「脱獄後にSubstrate系の脱獄アプリが動作しない or 設定に現れない場合の対処法」の記事内容そのものです。

「Tool 4 Hack」とまったく同じ症状が発生!

「Tool 4 Hack」とまったく同じ症状が発生!

また、「Electra」はiOS9.3.1の脱獄ツールと同様、再起動した場合、再度脱獄ツールで脱獄環境に戻す作業が必要となっています。
その場合の成功率が「Electra」では低過ぎて実用にならないと判断した面もあります。

「Electra MP版」で安定した脱獄環境へ

成功率アップの「Electra MP版」がリリースされた!

成功率アップの「Electra MP版」がリリースされた!

「Electra MP版」で再脱獄するために、一時的に入獄状態にします。
そのためには、インストールされている「Cydia」を削除する必要があります。
そこで、SANTAさんの「Electraで脱獄した直後からCydiaが正常に動作しない時の対処法」の記事を参考に「Cydia」を削除しました。

ここから、「Electra MP版」で再度脱獄作業を行います。
「Electra」の最初のバージョンでは10数回エラーが発生しましたが、「Electra MP版」では数回で脱獄完了になりました。
やはり、完成度がかなり高いです!

「Cydia」も復帰。
「DynamicLibraries」のリンク問題を確認するため、必須の脱獄アプリ「Activator」をインストールしたところ、無事に設定画面に表示されるようになっていました。
また、「Filza File Manager」で確認するとリンク先が「/usr/lib/TweakInject」になっており、問題が解決されたことがわかりました。

これで、脱獄に関する作業は完了しました。
やはり、最初のバージョンはバグなどにより不具合が多い!
今回はあえて人柱になりましたが、トラブルを楽しめないなら1週間ほど期間をずらせた方が無難ですね。

次回は、iOS11.3.1に対応した脱獄アプリの選択とインストールをアップします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です