「Parallels Toolbox」で「クリーンドライブ」を使う

SSDの空き容量110GBを確保

「macOS Mojave」のアップデートに備え「Parallels Desktop 14 for Mac(以降Parallels)」を購入したことは先日、ブログにアップしました。

その「Parallels 」に付いていたのが「Parallels Toolbox」
これがないと仮想環境「macOS Mojave」のディスプレイサイズが変更できません。「Parallels Toolbox」にはいろいろと機能が表示されていましたが、私的にはそれくらいしか利用する機能がないと思っていました。

「Parallels Toolbox」にはいろいろな機能がある

「Parallels Toolbox」にはいろいろな機能がある

すると11月2日に突然、「Parallels Toolbox」から「クリーンドライブ」をするかとのアラートが出ました。
表示内容を読むと、「Parallels Toolbox」が不要と判断したキャッシュやバックアップデータを削除し「Mac mini」本体の容量を確保するとの内容でした。

「Parallels Toolbox」からクリーンドライブのお知らせ

「Parallels Toolbox」からクリーンドライブのお知らせ

「Parallels 」の仮装環境で「Windows 10」と「macOS Mojave」を「Mac mini」本体に構築したため、本体SSDの容量が少々厳しくなってきたのは気になっていました。
2つの仮想環境は各々25GB前後の容量を使っていますので合計で約50GB!
半端ない容量です。この結果、SSDの残りは100GBを切ってしまいました

2つの仮想環境を構築したため、SSdの空き容量が80GBに減少

2つの仮想環境を構築したため、SSdの空き容量が80GBに減少

「Parallels Toolbox」によると、

キャッシュ約10GB
古い更新プログラム約11GB
ログファイル約3GB

がチェックされていました。
これに、もう使わないとわかっていながら削除しなかったiOSのバックアップが約15GBもあります。

個人で実行しようとすると必要な物とシステム上削除してはいけないものの判断ができません。また、該当するファイルの場所をたどっていくのにも時間がかかり面倒です。
「Parallels Toolbox」なら、この辺りの判断は任せても大丈夫そうです。そこで、この際ですから「Parallels Toolbox」を頼ってクリーンアップすることにしました。

不要なファイル約40GBを「Parallels Toolbox」で削除

不要なファイル約40GBを「Parallels Toolbox」で削除

「Parallels Toolbox」でクリーンアップした結果、約40GB容量を削除でき、未使用容量領域が約110GBになりました。

「Mac mini」のSSDの空き容量が110GBまで増えた

「Mac mini」のSSDの空き容量が110GBまで増えた

思いがけず、「Parallels Toolbox」が役に立ちました
これで、SSDの容量を心配せず今後も「Mac mini」で「Parallels 」を使用できます。

「Carbon Copy Cloner」と「Parallels Desktop」をアップデートした!

2018.10.21

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です