「macOS Mojave」にアップデートして1ヶ月経過

macOS Mojave

昨年末に「Mac mini 2012」モデルを「El Capitan」環境から「macOS Mojave」環境にアップデートをしました。
ソフトウェア、フリーウェア、およびカスタマイズ用フリーウェアもほとんどが動作し問題は起きていません。
起動が遅くなった以外は

そうなのです、起動が遅くなりました!
事前のテスト環境で動作速度などをチェックしていました。しかし、微妙に遅くなった程度なので気付かなかったようです。
テスト環境では見逃すような微妙な遅さも、日々使っていると気になります

ただし、起動が遅いだけでその後の動作に遅さを感じないのは救いかも。微妙に遅くはなっているのでしょうが、ストレスが溜まるほどの実感はない、と言うのが正しい言い方かもしれません。
「Safari」や「Tweetbot」だけでなく「Photoshop CC 2018」でも作業中にレインボーマークが出ることはありませんから。

「Mac mini 2012」モデルは「macOS Mojave」バージョン対応ですが、 SSDカスタマイズ版でもこの状況なのですからHDDでは事実上実用にならないでしょう。
まぁ、この結果からも、次のmacOSのバージョンではアップデート対象から外れることは確実と予想しました。

「Mac mini 2018」は「安価なMac」ではなくなったし、SSDを載せ換えることも不可能になったので欲しいとは思いません。
現状と同じSSD500GBだと15万円です。これなら「iMac」の方が便利と思ってしまいます。
「Mac mini 2012」SSDカスタマイズ版+「macOS Mojave」を1ヶ月使って、このまま使い続けられる目処が付いたというのが結論です!

オリジナルのログイン画面の背景画像

「macOS Mojave」をカスタマイズ!

2019年1月4日
「macOS Mojave」にアップデート

「macOS Mojave」を「Mac mini 2012」にインストール!

2019年1月3日
「Carbon Copy Cloner 5」と「Parallels Desktop 14」をアップデート

「Carbon Copy Cloner」と「Parallels Desktop」をアップデートした!

2018年10月21日
macOS Mojave

「SAMSUNG」のSSD「860 EVO MZ-76E500B/IT」に「macOS Mojave」を仮インストール

2018年10月6日
「SAMSUNG」の「860 EVO MZ-76E500B/IT」

SAMSUNGのSSD「MZ-76E500B/IT」を購入した!

2018年10月1日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください