docomo版「iPhone X」をSIMロック解除した!

「docomo」のSIMロック解除ページ

「iPhone X」を購入に至った経緯は下記にアップしました。
今回はその続き。SIMロック解除のレポートです。

「iPhone」の買い替えを考察してみる!
未使用品「iPhone X/64GB」を購入!

「じゃんぱら」で未使用品「iPhone X/64GB/シルバー」の購入を決断した朝、店舗へ取り置きのお願いのメールを出しました。

利用制限はまだ「△」のまま

利用制限はまだ「△」のまま

同時の、購入検討をしている期間に行っていた利用制限の変化とSIMロック解除の可否を「docomo」のWebサイトでチェックしました。
すると、昨日までNGだったSIMロック解除が可能になっていました!

ここで、「利用制限」と「SIMロック解除」の違いについて説明します。
利用制限というのは、購入者の支払い条件を確認するためのものです。
「docomo」のWebサイトの利用制限ページで「○」になっているのは、端末を購入時に一括で支払ったことを示しています。
端末を購入時に一括で支払わず分割払いかキャリアで行っている(12ヶ月分割の)購入サポートを利用した場合には「△」となります。
「○」「△」では通常のユーザーの使用で制限はかかりません
しかし、分割にしながら支払いが滞った場合、ここが「×」になります。そうなると通話もパケット回線もまったく使えなくなります(「赤ロム」という端末になります)。この制限を「△」に戻すには支払いを再開する必要があります。

一方、SIMロック解除というのは、購入したキャリア以外でも使えるようにすることです。いわゆるSIMフリー端末になります。
長く同じキャリアを使い続けているユーザーにはSIMロック解除は必要ありません。
しかし、今回の私のように中古市場で購入して、別のキャリアかMVNOで使用したいというユーザーには必須です。
2月20日から「docomo」は中古品でも100日経過すればSIMロック解除に応じると規約を改正しました。
このため、中古市場で購入時にSIMロックになっていても最大100日経過すればSIMフリー端末になりどのキャリアやMVNOでも利用できます。

今回購入希望していた端末はSIMロックがかかっています。丸3ヶ月は待たないまでも、長期戦を考えていたので驚きでした。
4月4日にSIMロック解除ということは、前所有者は2018年12月25日に購入したことになります。
年末の特盛キャンペーンの時に購入した「MNP乞食」だった線が有力です。

SIMロックが解除になったので嬉しくなった反面、SIMロック解除機種なので値段が1万円上がるのではないかと心配にもなりました。
しかし、店舗で確認したところ昨日までと同じ価格で購入できたました。
良かった!

何はさておき、帰宅後「docomo」のWebサイトでSIMロック解除の手続きを行いました。
「docomo」ではSIMロック解除を行うのに、「dアカウント」を取らないといけないことになっています。

SIMロック解除してdocomoのユーザーではなくなるのだから「dアカウント」を登録させるなよ! と言いたいです。
まぁ、二度と戻ってこないようなら捨てメールアドレスの方が、その後のメールDMなどの心配がないので良いかもしれません。
仕方がないので「dアカウント」を作りSIMロック解除を行いました。

もう一点、docomoが不親切だと感じたのが、SIMロック解除日を知らせない点です。
以前、auでSIMロック解除をした時には、SIMロック解除日が表示されていました。
そのため、2回目はその解除日にアクセスすれば良いので便利でした。
しかし、docomoは解除日の通知がないので、その都度チェックに行く必要があり手間がかかります。

さて、実際にSIMロック解除を行うのですが、このSIMロック解除の場所がまた、わかりづらい

ログイン後に表示されるページにはSIMロック解除の案内はありません。
「ドコモオンライン手続き」→「ご契約内容確認・変更」→「ドコモオンライン手続きトップへ」→「ドコモオンライン手続き」ページの「カテゴリーから探す」の下の方の「その他」の最後にあります。

わかりづらい場所にある「SIMロック解除」ボタン

わかりづらい場所にある「SIMロック解除」ボタン

やっとたどり着いたSIMロック解除ページ

やっとたどり着いたSIMロック解除ページ

SIMロック解除完了!

SIMロック解除完了!

いかにも、SIMロック解除させたくない感がイッパイです。
それとも、「docomo」ショップに持ってこさせて3,000円を徴収して、少しでも売り上げアップを狙っているのかもしれません。

まぁ、たどり着いた後の手順はIMEI番号を入力だけなので簡単です。
これで、SIMロック解除完了でSIMフリーになりました。

「UQ mobile」の設定

このままでは、まだ「docomo」以外は使えません。
「iPhone X」本体の設定が必要です。

「UQ mobile」のWebサイトから「iPhone X」用プロファイルをダウンロードする

「UQ mobile」のWebサイトから「iPhone X」用プロファイルをダウンロードする

私が使うのは「UQ mobile」なので、「UQ mobile」のWebサイトから「iPhone X」用プロファイルをダウンロードしてインストールします。
プロファイルのインストールが完了したら「UQ mobile」のSIMカードを挿します。
後は、「iPhone X」本体が「UQ mobile」のSIMカードを認識すれば回線がつながります。

LTE回線がつながりましたが、影響保護フィルムやケースも揃っていませんので本使用はまだ先になります。

液晶保護フィルムとケースを着けた「iPhone X」

「iPhone X」用液晶保護フィルムとケースを探す

2019年4月14日
バッテリー不具合が発生した「iPhone SE」

「iPhone SE」が逝ってしまった… が、復活! でも…

2019年4月10日
初期不良になってしまった未使用「iPhone X」

購入したばかりの「iPhone X」にトラブル! 商品交換となった…

2019年4月9日
「docomo」のSIMロック解除ページ

docomo版「iPhone X」をSIMロック解除した!

2019年4月8日
未使用品「iPhone X/64GB/シルバー」

未使用品「iPhone X/64GB」を購入!

2019年4月7日
iPhone SE

「iPhone」の買い替えを考察してみる!

2019年3月30日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください