「iPhone SE」ユーザーが「iPhone X」に乗り換え【docomo版「iPhone X」をSIMロック解除!】

「docomo」のSIMロック解除ページ

「iPhone X」を購入に至った経緯は下記にアップしました。
今回はその続き。SIMロック解除のレポートです。

「iPhone」の買い替えを考察してみる!
未使用品「iPhone X/64GB」を購入!

「じゃんぱら」で未使用品「iPhone X/64GB/シルバー」の購入を決断した朝、店舗へ取り置きのお願いのメールを出しました。

利用制限はまだ「△」のまま
利用制限はまだ「△」のまま

同時の、購入検討をしている期間に行っていた利用制限の変化とSIMロック解除の可否を「docomo」のWebサイトでチェックしました。
すると、昨日までNGだったSIMロック解除が可能になっていました!

ここで、「利用制限」と「SIMロック解除」の違いについて説明します。
利用制限というのは、購入者の支払い条件を確認するためのものです。
「docomo」のWebサイトの利用制限ページで「○」になっているのは、端末を購入時に一括で支払ったことを示しています。
端末を購入時に一括で支払わず分割払いかキャリアで行っている(12ヶ月分割の)購入サポートを利用した場合には「△」となります。
「○」「△」では通常のユーザーの使用で制限はかかりません
しかし、分割にしながら支払いが滞った場合、ここが「×」になります。そうなると通話もパケット回線もまったく使えなくなります(「赤ロム」という端末になります)。この制限を「△」に戻すには支払いを再開する必要があります。

一方、SIMロック解除というのは、購入したキャリア以外でも使えるようにすることです。いわゆるSIMフリー端末になります。
長く同じキャリアを使い続けているユーザーにはSIMロック解除は必要ありません。
しかし、今回の私のように中古市場で購入して、別のキャリアかMVNOで使用したいというユーザーには必須です。
2月20日から「docomo」は中古品でも100日経過すればSIMロック解除に応じると規約を改正しました。
このため、中古市場で購入時にSIMロックになっていても最大100日経過すればSIMフリー端末になりどのキャリアやMVNOでも利用できます。

今回購入希望していた端末はSIMロックがかかっています。丸3ヶ月は待たないまでも、長期戦を考えていたので驚きでした。
4月4日にSIMロック解除ということは、前所有者は2018年12月25日に購入したことになります。
年末の特盛キャンペーンの時に購入した「MNP乞食」だった線が有力です。

SIMロックが解除になったので嬉しくなった反面、SIMロック解除機種なので値段が1万円上がるのではないかと心配にもなりました。
しかし、店舗で確認したところ昨日までと同じ価格で購入できたました。
良かった!

何はさておき、帰宅後「docomo」のWebサイトでSIMロック解除の手続きを行いました。
「docomo」ではSIMロック解除を行うのに、「dアカウント」を取らないといけないことになっています。

SIMロック解除してdocomoのユーザーではなくなるのだから「dアカウント」を登録させるなよ! と言いたいです。
まぁ、二度と戻ってこないようなら捨てメールアドレスの方が、その後のメールDMなどの心配がないので良いかもしれません。
仕方がないので「dアカウント」を作りSIMロック解除を行いました。

もう一点、docomoが不親切だと感じたのが、SIMロック解除日を知らせない点です。
以前、auでSIMロック解除をした時には、SIMロック解除日が表示されていました。
そのため、2回目はその解除日にアクセスすれば良いので便利でした。
しかし、docomoは解除日の通知がないので、その都度チェックに行く必要があり手間がかかります。

さて、実際にSIMロック解除を行うのですが、このSIMロック解除の場所がまた、わかりづらい

ログイン後に表示されるページにはSIMロック解除の案内はありません。
「ドコモオンライン手続き」→「ご契約内容確認・変更」→「ドコモオンライン手続きトップへ」→「ドコモオンライン手続き」ページの「カテゴリーから探す」の下の方の「その他」の最後にあります。

わかりづらい場所にある「SIMロック解除」ボタン
わかりづらい場所にある「SIMロック解除」ボタン
やっとたどり着いたSIMロック解除ページ
やっとたどり着いたSIMロック解除ページ
SIMロック解除完了!
SIMロック解除完了!

いかにも、SIMロック解除させたくない感がイッパイです。
それとも、「docomo」ショップに持ってこさせて3,000円を徴収して、少しでも売り上げアップを狙っているのかもしれません。

まぁ、たどり着いた後の手順はIMEI番号を入力だけなので簡単です。
これで、SIMロック解除完了でSIMフリーになりました。

「UQ mobile」の設定

このままでは、まだ「docomo」以外は使えません。
「iPhone X」本体の設定が必要です。

「UQ mobile」のWebサイトから「iPhone X」用プロファイルをダウンロードする
「UQ mobile」のWebサイトから「iPhone X」用プロファイルをダウンロードする

私が使うのは「UQ mobile」なので、「UQ mobile」のWebサイトから「iPhone X」用プロファイルをダウンロードしてインストールします。
プロファイルのインストールが完了したら「UQ mobile」のSIMカードを挿します。
後は、「iPhone X」本体が「UQ mobile」のSIMカードを認識すれば回線がつながります。

LTE回線がつながりましたが、影響保護フィルムやケースも揃っていませんので本使用はまだ先になります。

[kanren postid=”4719,4738,4751,4766,4768,4779,4802,4821,4839,4870,4888″]