「iPhone X」でNFCタグを使う方法を教えます!

「iPhone X」に「NFCタグ」が追加される!

「Apple」が「iOS13.x」からサードパーティ向けにNRCタグの機能を大幅に解放
それを一般ユーザーにも使いやすくするため「Apple」はNRCタグをスキャンすることで、「ショートカット.app」の「オートメーション」機能を実行できる環境を整えてました。

私もNRCタグには興味がありました。12月に「iOS13.3」脱獄環境ににアップデートしたのを機会に試すことにしました。
ところが、詳しく調べたら対象機種が「iPhone XS」以降となっていました。
私のは「iPhone X」。つまり、NFCタグ使用対象外機種だったというオチでした…

脱獄アプリ「NFCWriter XS」を利用してみた

でも、「iPhone X」にもNFCは搭載されています。なのに何故?
いつものAppleによるソフトウェア上の制限では?
ソフトウェア上の制限なら、それを解除できれば「iPhone X」でもNFCタグを使えるようになるはずです。

このような時は脱獄アプリに力を借ります。
調べたらNFCタグを「iPhone X」以下にも使えるようにする脱獄アプリ「NFCWriter XS」がありました。
しかし、「ZundaHack」と「TOOLS 4 HACK」の紹介記事を読むと「NFCWriter XS」でできる機能はかなり限られているようです。
実際に「NFCWriter XS」をインストールしてチェックしましたが、確かに実用で使うメニューが少々物足りない感じです。

脱獄アプリ「NFCWriter XS」のメニュー

脱獄アプリ「NFCWriter XS」のメニュー

上が「NFCWriter XS」のメニューのスクリーンショット。実際この程度のメニューでは、NFCタグに読み込ませる手間暇をかけて行っても大きな利便性はないと言わざるを得ません。

そこで、「ショートカット.app」の「オートメーション」機能を「NFCWriter XS」に取り込み使えないか考えました。
行ったのは、「ショートカット.app」で「マイショートカット」を作成します。
「マイショートカット」の作成データはURLのようです。元データがURLなら「ショートカット.app」上でも「NFCWriter XS」上でも動作するのではないかと考えたわけです。

実行しましたが、やはりと言うか当然と言うか、動作しませんでした。
プログラムでも組めれば、「NFCWriter XS」でも少し実用的なNRCタグが作れるのでしょうが、それは素人ではハードルが高すぎます。

「NFC Background support on iPhone X」

「NFCWriter XS」が実用にならないので、別の手段を考えることにしました。
再度、「iPhone X NFCタグ」でググって見ましたが、有力な検索結果が出て来ません。
その時、「カズチャンネル」のカズさんが「YouTube」でNFCタグを取り上げていたのを思い出し「YouTube」に情報がないか検索しました。

すると、ピッタリの事例がヒット!
脱獄環境の「iPhone X」で「ショートカット.app」の「オートメーション」項目に「NFC」を追加する手順を説明している動画です。

「YouTube」の「Biszaal Tech」チャンネルに「iPhone X」にNFCタグが使えるようにする動画があった!

「YouTube」の「Biszaal Tech」チャンネルに「iPhone X」にNFCタグが使えるようにする動画があった!

説明が英語なのですが、「iPhone X」画面があるので、大雑把にですがどうにか理解ができました。

実際には、詳細な部分では理解できずエラーをしてしまいましたが、最終的にエラーをクリアーし成功まで到達しました!
外国の方のようなのですが「iPhone X」の仕様画面を見るとモデル名が「MQAX2J/A」でキャリアが「KDDI」となっています。もしかしたら、日本在住の方なのでしょうか?

早速、「Biszaal Tech」チャンネルの「NFC Background support on iPhone X」の動画の手順通りに作業を行いました。以下、その手順を記します。

用意するものは脱獄した「iPhone X」。システム内を操作するので脱獄アプリ「Filza」が必要となります。もっとも「Filza」は脱獄環境では必須アプリなのでほとんどの脱獄犯は既にインストールしているので問題ないと思います。

いよいよ作業に取り掛かります。
「YouTube」「Biszaal Tech」チャンネルの「NFC Background support on iPhone X」のコメント欄にある「NFCUnblock download: 」横のリンク先「https://github.com/mealdy/nfcunblockをタップします。
私はリンク先の「NFCUnblock download」ページのどこに目的のダウンロードデータがあるか、かなり迷いました。そして、やっと見つけました。
正解は「NFCUnblock 0.0.3」の下にある「Assets」の三角をタップし内容を表示すると現れる「nfcunblock.zip」でした。

「Assets」内の「nfcunblock.zip」が目的のダウンロードデータ

「Assets」内の「nfcunblock.zip」が目的のダウンロードデータ

「nfcunblock.zip」のダウンロード先を聞かれたら「Save to Filza」を選択

「nfcunblock.zip」のダウンロード先を聞かれたら「Save to Filza」を選択

インストール先のDocumentsフォルダー

インストール先のDocumentsフォルダー

「nfcunblock.zip」をタップするとダウンロード先を選択する画面になります。
「その他…」をタップすると保存先の一覧が現れます。この中から「Save to Filza」をタップ。すると「Filza」の「var>mobile>Documents」フォルダー内が開きますので、右上の「保存」をタップしインストール

インストールが無事完了すると、「Documents」フォルダーの中に新たに「nfcunblock」フォルダが追加されます。
「nfcunblock」フォルダの中に「com.leonzhu.nfcunblock_0.0.3.deb」と「com.leonzhu.nfc…kground_0.0.3.deb」があること確認します。「_MACOSX」フォルダーは直接関係はないので無視します。

「nfcunblock」フォルダがインストールされたDocumentsフォルダー

「nfcunblock」フォルダがインストールされたDocumentsフォルダー

「nfcunblock」フォルダ内の2つのファイルが目的のデータ

「nfcunblock」フォルダ内の2つのファイルが目的のデータ

ここで私は勘違いしました。
「nfcunblock」フォルダーがインストールされたので、これで完了だと思ってしまいました。「ショートカット.app」の「オートメーション」の「個人用オートメーションを作成」の中の「新規オートメーション」の「設定」項目を見ましたが、「NFC」がありません…

ダメだった…

と少々弱気になりました。
しかし、もう一度「Biszaal Tech」チャンネルを見直しました。

すると、2つのファイルの右上「インストール(install)」ボタンでインストール作業をすると説明しているようでした。
そこで、「nfcunblock」フォルダ内の2つのファイル「com.leonzhu.nfcunblock_0.0.3.deb」と「com.leonzhu.nfc…kground_0.0.3.deb」を開き「インストール」ボタンをタップ。リスプリングするように言われたので実行。

右上の「インストール」をタップしてインストールする

右上の「インストール」をタップしてインストールする

無事に「新規オートメーション」の「設定」項目に「NFC」が追加された!

無事に「新規オートメーション」の「設定」項目に「NFC」が追加された!

リスプリング後、ドキドキしながら再度「新規オートメーション」の「設定」項目を開きました。
すると、「NFC」項目が追加されていました!

やったヽ(^O^)ノ
間違っていなかった!

といった感じです。

項目は追加されましたが、実際に動作するのかが心配です。
そこで、早速動作確認です。
「新規オートメーション」の「設定」の「NFC」をタップ。
「NFCタグ」をスキャンする画面に進みました。「NFCタグ」を近づけると「NFCタグ」を読み取り名前を付ける画面になり、その後は「アクション」を設定する画面に移りました。
無事に動作するようです。

「ショートカット.app」の「個人用オートメーションを作成」をタップし作成を始める

「ショートカット.app」の「個人用オートメーションを作成」をタップし作成を始める

無事に「新規オートメーション」の「設定」項目に「NFC」が追加された!

無事に「新規オートメーション」の「設定」項目に「NFC」が追加された!

「NFC」をタップするとNFCタグをスキャンする画面になる

「NFC」をタップするとNFCタグをスキャンする画面になる

NFCタグを「iPhone X」に近づける

NFCタグを「iPhone X」に近づける

スキャンが完了したらNFCタグに名前を付ける

スキャンが完了したらNFCタグに名前を付ける

「アクション」から好きな「オートメーション」を作成する

「アクション」から好きな「オートメーション」を作成する

脱獄環境の「iPhone X」での「NFCタグ」動作環境の完成です!

今回は、「iPhone X」脱獄環境へのNFC実行環境のインストールまで。実際の使用レポートは次回アップします。

【追記】

私は脱獄環境で作業を行いましたが、入獄環境でもシステムの中に「nfcunblock」フォルダをインストールすることは可能です。
脱獄環境での「Filza」と同じ機能のアプリが入獄環境でもリリースされています。
これを探して上記と同様の手順で作業をすれば「iPhone X」以下(iPhone 8まで?)のNFCが搭載されている機種ではNFCタグの読み込みが可能になるはずです。

ただし、自己責任でお願いします。
システムを操作するので間違えると確実に文鎮化します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください