「Mac」のブラウザーを「Brave」から「Safari」に戻した!

「Brave」トップページ

「Mac mini」で利用しているブラウザーを「Brave」から「Safari」に戻しました
そもそも「Brave」にしたのは広告ブロックとプライバシーを重視をアピールにしていたからです。

しかし今回、アフィリエイトURLにリダイレクトするコードが仕込まれていたとの報道がありました。
それに関して「Brave」は意図したものではなくミスだったと表明。直接的にユーザーの情報を収集していたわけではありませんので、「Google」や「Facebook」よりはマシとも言えますが、広告ブロックとプライバシーを重視をアピールしていて支持を伸ばしてきたので大きなマイナスなことは確かです。さらに、これは氷山の一角とも指摘されています。
私としても、広告ブロックとプライバシー重視で乗り換えたかなりショックでした。

「プライバシーを重視した高速かつ安全な次世代ブラウザ」と謳っていたのだが...

「プライバシーを重視した高速かつ安全な次世代ブラウザ」と謳っていたのだが…

一方の「Safari」。先日6月23日「WWDC2020」のキーノート次期バージョン「Big Sur」で広告ブロック機能の大幅な強化を発表
「Apple」はプライバシーを最重視しているのは承知の事実。個人情報を収集し、その情報でビジネスを行っている「Google」や「Facebook」とは真逆の姿勢を貫いています。
そのうえで、広告ブロックでも大幅強化となったら信頼が揺らいだ「Brave」を使い続ける理由はありません

こうなれば今年の2月から使い始めた「Brave」を止め「Safari」に戻すことにするのは当然です。

2 件のコメント

  • 私も、Appleの個人情報重視の方針に注目し、可能ならSafariに変更したいと思っています。
    ただ、私の関心事である翻訳やspeach to text機能のことを考えると、いまのところ使い勝手がよいのはChromium系、とりわけGoogle Chromeなんです。例えば英文サイトは右クリックで直ちに日本語に変わり、言葉の壁を意識せずに作業できます(他のブラウザでもプラグインで同様のことはできますが、日本語表示のままで何か実作業をしようとすると拒否されたりエラーになったりで、Google Chromeにはかなわない状態)。
    この秋にはAppleも独自の翻訳機能をiOSなどには持たせるらしいので、その実力に期待しているところです。

    • 正木様、コメントありがとうございます。

      「DeepL翻訳」はいかがでしょうか?
      下記記事をアップしています。
      https://www.monk-jp.com/200509/

      私が試した範囲では「Google翻訳」よりも優秀でした。
      「コマンド+Cを2回」でアプリが別ウインドウで立ち上がり翻訳してくれますので、それ程の手間ではないかと思います。

      先日のWWDC20でAppleも翻訳機能を搭載すると表明しましたが、少なくとも直近で「DeepL翻訳」や「Google翻訳」並みを期待するのは酷かなと見ています。
      でも、Appleユーザーなので長い目で見たいと思っています(^.^;)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください