「iOS13.7」脱獄環境にアップデート!

「iOS13.7」対応にしたら実行。エラーになる可能性はほぼなしの完成度となっている「checkra1n」

「iOS」が「13.7」にアップデートしたので、いつもの通り「iOS13.7」脱獄環境にしました。

手順は、過去の「iOS13.5.1」、「iOS13.6.1」と同様「checkra1n」の「v0.10.2」を使い「Options」画面で「Allow untested iOS/iPadOS/tvOS versions」項目をチェックして実行しました。

いつもの通り「Options」でチェックをして「iOS13.7」対応にする

いつもの通り「Options」でチェックをして「iOS13.7」対応にする

「iOS13.7」対応にしたら実行。エラーになる可能性はほぼなしの完成度となっている「checkra1n」

「iOS13.7」対応にしたら実行。エラーになる可能性はほぼなしの完成度となっている「checkra1n」

今回の「iOS13.7」での注目点は、OSレベルで「COCID-19」に対応した「接触確認」項目が追加されたことです。
ただし、日本では厚労省がリリースした「COCOA」アプリがあるので、そちらが優先され「iOS13.7」で追加された「接触確認」項目を使うことはできません。
厚労省がグダグダとわかったので「Apple」の「接触確認」で使えるようにし欲しいですね。

次回のアップデートは「iOS14」になるはずです。
「iOS14」になると「Options」画面で「Allow untested iOS/iPadOS/tvOS versions」項目をチェックして実行する方法が使えなくなると思います。
したがって、「checkra1n」がアップデートし「iOS14」対応になるまで「iOS13.7」に留まることになるでしょう。
「checkra1n」の早期のアップデートに期待して待ちたいと思います。

「iOS 13.6.1」脱獄環境にアップデート!

「iOS 13.6.1」脱獄環境にアップデート!


「iPhone X」を「iOS13.5.1」脱獄環境にする!

「iPhone X」を「iOS13.5.1」脱獄環境にする!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください