接触確認アプリ「COCOA」がダメ過ぎた…

今年に入り「COVID-19」の接触確認アプリ「COCOA」のダメさ加減が次々に明らかになってきました。

スマホでライバル関係にある「Apple」と「Google」が「COVID-19」の感染防止のため共同で構築した接触確認アプリに大いに期待をしていました。「Apple」と「Google」が基礎部分のAPIを構築し各国が自国の状況に合わせ最終仕様を構築する流れとなっています。
日本政府がすべてを構築するなら期待はしてませんでした。しかし(日本では)厚労省がAPIの仕様に合わせ最終形態を継ぎ足すだけです。その程度なら開発力がなく何事にも仕事が遅い政府・官庁でも使えるアプリに仕上がるだろうと考えていました
しかし、甘かった!
日本政府、官庁は私の予想以上の無能でした

情報の経緯

事の初めは今年の2月上旬。「Android」版の「COCOA」が数か月動作しないままだったとの報道が始まりです。これはこれで重大な事例です。しかし、これで終わればまだマシでした。でも実際は、これを切っ掛けに「COCOA」の運用の闇が次々に報道され明らかになります。ニュースを時系列で並べると下記の通りです。

終了した「COCOA」

インストールした2,653万件の国民の信頼を裏切った厚労省
インストールした2,653万件の国民の信頼を裏切った厚労省

上記ニュースの流れを見れば日本政府、官僚のダメさ加減に呆れるしかありません

「COCOA」に関しては昨年リリース当初から批判がありましたが私は支持の立場でした。しかし、今回の報道された一連の顛末で私の中で「COCOA」への信頼はなくなりました。今後、別チームがかかわり復旧修復作業にかかるようですが、日本政府・官僚が係わる限り期待できません。

「COCOA」の構築でも中抜きがあり実作成現場は孫請けになり実予算はかなり少なくなっています。このため、アップデートやメンテナンスの予算も人員も準備していなかったとのこと。
アベノマスクや「GO TO 〜」でも明らかになったようにアベ・ガース政権は、「COVID-19」の感染拡大で緊急事態の中でも、自分たちの利益になる中抜き業者に儲けさせることしか考えていません。ハッキリ言って「クソ」です。こんなクソな政権がいまだに30%以上の支持率を得ているって… 残念ながら国民のリテラシーのなさも影響しているとも言わなければならないでしょう。

今後は、2020年3月までオープンソースで開発をしていた開発者が現状の「COCOA」アプリの改修を行うようです。どうなのでしょう? うまくいくのでしょうか?
オープンソースで開発していた感染通知アプリの評価は「COCOA」よりも高かったので、その開発者が改修するというのですから現状の「COCOA」よりはまともになりそうです。でも、現政権の厚労省の元で行う限り期待はできません。何故なら、元のデータベースとなる「HER-SYS」がそもそもまともに動作しておらず、また「COCOA」とリンクしていない事実があります。
そもそも、もっとも重要な時期に接触確認アプリが機能していなかった事実は重く、これから修復するにしても既に手遅れの感があります。

「濃厚接触者」の定義変更で必要のないアプリになった

緊急時にも再委託で中抜き案件にする自民党政権(東京新聞Webサイトより)
緊急時にも再委託で中抜き案件にする自民党政権(東京新聞Webサイトより)

さらに、「COCOA」の元になった「Apple」と「Google」のAPIでは「濃厚接触者」の定義は、感染者と

・1mの距離で
・15分以上

接触した人です。
当初「COCOA」もその定義でした。それが日本政府は途中から

・マスクなしで

を追加しました。
つまり、感染者と1mの距離で15分間対していたとしてもマスクをしていれば「濃厚接触者」にはならなくなりました。さらにマスクの種類は問いません
既に常識ですが「不織布」「ウレタン」「布」の飛沫防止効果率が大幅に違います。なのに、マスクをしていたという現象があれば良いというのですから、この定義の変更で「濃厚接触者」の範囲が限りなく絞られたことがわかります。これでは感染防止には役立たないのは明白。
明らかに、日本政府は「濃厚接触者」を洗い出ししたくない意図がハッキリしています。これは、「COVID-19」の感染防止のため予算を出したくないという事です。「COCOA」をインストールしても「濃厚接触者」にカウントされないならインストールする意味がありません。
「COCOA」アプリは終わったアプリと言っていいでしょう

昨年からの「COVID-19」への対応で日本政府は感染防止を真剣に考えていないことがハッキリしました。そこで、私は「COCOA」ではなく他の手段で感染防止を考えました。そのひとつが先日購入した血中酸素濃度計「パルスオキシメータ」です。
「COVID-19」感染の症状のひとつに血中酸素濃度の低下があります。「パルスオキシメータ」で測定することでそれを数値として把握でき手遅れを防ぐことができます。「COCOA」はスマホを持っていないと利用できませんが、「パルスオキシメータ」ならスマホを所有していない人でも測定可能なので利用範囲は広いく便利です。

関連記事

今年に入り「COVID-19」の接触確認アプリ「COCOA」のダメさ加減が次々に明らかになってきました。スマホでライバル関係にある「Apple」と「Google」が「COVID-19」の感染防止のため共同で構築した接触確認アプリに大[…]

関連記事

「COCOA」アプリから初めて接触確認通知が来ました!急遽、保健所でのPCR検査を行い、幸い陰性との結果を得ました。今回、PCR検査という滅多にない経験をしましたので、「COCOA」アプリの接触確認通知から検査結果を得るまでの体験記[…]

「陽性者との接触確認」と「接触一覧」
関連記事

厚労省は「接触通知アプリ(COCOA)」のアップデート版を「iOS」は6月30日、「Android」は7月1日にリリース。それに続き、7月3日に「陽性者通知機能」の提供を開始しました。[caption id="attachment_[…]

15日以降は1日20件になる接触ログ記録
関連記事

厚労省は19日15時に「Apple」と「Google」から提供されるAPIを利用した「COVID-19」積極確認アプリをリリースしました。[caption id="attachment_6096" align="alignnone"[…]

6月19日にリリースされたがプレビュー版の扱いだった