TS抜き、CMカット問題がやっと解決!【作業完了編】

「Avidemux」によるCMカット

「BOSTIN」作業

「Amazon」で購入した画面キャプチャーボード「BOSTIN」
1.5TBあったテレビ録画データを休日にひたすら再生しTS抜きデータにし先日18日にすべての作業を完了しました。

テレビ番組のTS抜きデータ作成と同時に「DAZN」のサッカー中継も「BOSTIN」で録画しました。
9月から始まったサッカーW杯アジア最終予選。テレビではアウェー戦を放送しないので「DAZN」を契約。オンラインストリーミングサービスではテレビ放送とは異なり録画ができません。そこで、「BOSTIN」で解決。「DAZN」はテレビ放送と異なり「見逃し放送」があり後からでも録画が可能です。しかし、「見逃し放送(フル再生)」は通常1週間ほどで「見逃し放送」はなくなりダイジェスト版のみになるので、その都度なるべく早く録画作業をする必要があります。

CMカットは「Avidemux」を使用

テレビ番組をTS抜きにした後はCMカットです。
CMカットというと手間がかかるイメージ。しかし、私が主に録画しているのはサッカー中継です。テレビのサッカー中継の場合CMは試合前と試合後、ハーフタイムの3カ所だけ。一般のテレビ番組のようにCM個所がランダムに複数あるためCM個所を探すのに手間がかかることがないのはサッカー中継の利点です。
サッカー中継以外でもNHK・BSでの録画が多かったのでCMは番組の前後だけ、民放放送のCMカットに比べれば時間はかかりません。

「Avidemux」のトップ画面
「Avidemux」のトップ画面

今回CMカットで使ったのはフリーウェア「Avidemux」です。
「Mac mini 2012」でCMカットに使っていたのは「Parallels Desktop」上の「Windows 10」環境でシェアウェア「TMPGEnc MPEG Smart Renderer 4」。「M1 Mac mini」環境では「Parallels Desktop」も「TMPGEnc MPEG Smart Renderer 4」もアップデートしないと使用不可になっていました。現状「Windows 10」環境で使うのはテレビ番組のCMカットしかありません。それに対して両ソフトウェアのアップデートに新たに約1万円支払うのは少々勿体ないと感じました。
そこで、「M1 Mac mini」の「macOS」環境でCMカットできる安いソフトウェアがないか探したところ、予想外に簡単にフリーウェアの「Avidemux」が見つかりました。評価はかなり高かいソフトウェアです。
しかし、今までも世間一般の評価は高くても自分自身の使用用途では必ずしも最適でなかった例はたくさんありました。まして、フリーウェアなのでシェアウェアとは異なり細かい所で使い勝手が悪い箇所があるのは想定されます。そこで実際に試すことが一番です。

その結論は、満足!

下部左の「A」と「B」でCMカット個所を指定し削除をする
下部左の「A」と「B」でCMカット個所を指定し削除をする

ある意味、予想以上に良かったです。いや、シェアウェアの「TMPGEnc MPEG Smart Renderer 4」よりも操作感が良い印象です!
まず、第1の評価ポイントは、CMカットに付けるマークの場所が適格。「TMPGEnc MPEG Smart Renderer 4」はCMカットに付けるマークに多少のズレがありました。プレビュー画面では番組とCMの間にマークをつけても実際にカットするとCMがワンカット残ってしまうケースが多々ありました。
を防ぐため番組側に数コママークを付けるようにするテクニックが必要でした。
しかし、「Avidemux」はそのようなズレは発生しません。番組とCMの切れ目にマークを付ければ確実にCMがカットされます。

「Avidemux」はTS保存にも対応している
「Avidemux」はTS保存にも対応している

またデータ変換も早いです。
「TMPGEnc MPEG Smart Renderer 4」もそれほど長い時間はかかりませんでしたが、「Avidemux」はCMカット後のデータ変換にかかる時間は2分ほど。「TMPGEnc MPEG Smart Renderer 4」よりも短時間で作業が完了します。
もっとも「TMPGEnc MPEG Smart Renderer 4」は「Mac mini 2012」の「Parallels Desktop」上の「Windows 10」環境だったので基本スペックが「M1 Mac mini」に比べかなり低いので公平な比較ではありません。「TMPGEnc MPEG Smart Renderer 4」も「M1 Mac mini」の「Parallels Desktop」上の「Windows 10」環境で動作させれば「Avidemux」同等の早さを実現するかもしれません。

CMカット作業が予想外に早かったので、1.5TG、88個のすべてのテレビ録画データのCMカットをするのに土日のわずか2日間で完了! 予想外の速さで驚いています。
フリーウェアだからと軽く考えていましたが今は何故もっと早く乗り換えなかったのかと後悔しています。

関連記事

「BOSTIN」作業「Amazon」で購入した画面キャプチャーボード「BOSTIN」。1.5TBあったテレビ録画データを休日にひたすら再生しTS抜きデータにし先日18日にすべての作業を完了しました。テレビ番組のTS抜きデータ[…]

「Avidemux」によるCMカット
関連記事

オンラインストリーミングの録画が可能前回までで、新しいTS抜きとCMカット方法が構築できました。これで、当初の目的は達成です。一方、使用し始めた「BOSTIN」はHDCPというコピーガードを解除する機能があります。この機能は通常[…]

オンラインストリーミング「DAZN」も録画できる
関連記事

前回は「BOSTIN」購入までの経緯と開封までをレポートしました。今回は、設定と実使用をレポートします。「BOSTIN」の仕様・接続「BOSTIN」は「1,280pix×720pix」、「1,920pix×1,080pix」には[…]

「OBS Stadio」の画面
関連記事

TS抜きチューナー「アキバチューナー・AKB-PVR103」が逝ってしまって以降不自由していたTS抜きテレビ録画、およびCMカット問題が「やっと解決した!」と言える状況に到達しました。解決になったのは「画面キャプチャーボード」の採用です[…]

購入した「BOSTIN」
関連記事

「ABC-4X」は27日に到着しました。ところが注文フォームでトラブルがありました。「ABC-4X」の注文フォームに配送日時指定があったので希望の日時を指定。しかし、指定した時間に届かなかったので問い合わせをしたところ、「ABC[…]

関連記事

やっとTS抜きチューナーを購入しました。購入したのは「アキバガレージ」の「HDMIセレクター搭載HDMI入力レコーダー / ABC-4X」。昨年12月に故障した「AKB-PVR103」の買い替えです。当初は「AKB-PVR103[…]

関連記事

前回のレポートで検討していたTS抜きチューナー「アキバチューナー・AKB-PVR103(以降AKB-PVR103)」の代替えは、チューナー単体商品+デジタル画像安定に決定しました。結局、手間暇がかかってもWi[…]

テレビチューナー「東芝 TT-4K100」
関連記事

テレビ番組のTS抜き録画用に購入した「アキバチューナー・AKB-PVR103」(以降AKB-PVR103)が昨年12月に逝ってしまいました...地上デジタル放送(以下、地デジ)は映りますが、BS/CS放送が「信号がありません」とのエラー[…]

「PX-W3DVR1000」があれば一挙に解決するのだが...

TS抜きチューナーの最新記事8件