感染者が爆発している東京で「東京都無料PCR検査」をする人が増えてきた!

「東洋経済 ON LINE」の「新型コロナウイルス国内感染の状況」

昨年暮れから始まった「東京都無料PCR検査」に検査希望者が殺到!
今まで待ちなしで検査できた検査センターでも、7月になってから1時間待ちになるなどの事態になっています。
今回は、そのレポートです。

感染者数の急増!

7月から「COVID-19」の感染者数が日本全国で爆発的に増加。これに対して政府は何の対策も立てないので感染者数は指数関数的に増え収まる気配はありません。
東京都だけでも1日に1万人だった感染者が7月に入り、アッという間に2万人になり、3万人を超えました。3年経過して過去最高の感染者数を記録。ついに断トツで世界一の感染者数になりました。
この数字、PCR検査を抑制してこの結果です。隠れ感染者がどれだけいるのか恐ろしい限りです。事実、「THE LANCET」「国立感染症研究所」が発表している超過死亡から推測すると日本での実際の感染者数は6倍とのレポートもあります。

東京都の超過死亡も約4倍
東京都の超過死亡も約4倍
日本全体の超過死亡は4倍となっている
日本全体の超過死亡は4倍となっている

政府に忖度した報道をしているメディアを信じていた国民も7月以降の急激な感染者数の増加を見て「これはおかしいぞ?」と疑問に思ったでしょう。
政府やメディアが国民に真実を隠そうとしていても隠し切れない数字となってきて、やっと国民も真実の一端を感じたようです。パンデミックになり3年が経過。あまりに遅過ぎますが、それでも国民の一部でもPCR検査の重要性が実感できたのなら吉としなくてはいけません。

私の無料PCR検査実施の推移

私は「東京都無料PCR検査」が実施されるようになった昨年暮れから1週間に1度の割合で検査をしています。
最初、「東京都無料PCR検査」の検査をしていたのは「大規模PCR検査センター」です。ここは、予約なしで21時まで検査可能なので会社からの帰宅時に便利でした。ちなみに、当初Webサイトでは「PCR now」となっていましたが、現在はこの名前は使っていないようです。検索すると「PCR now」ではヒットしません。

関連記事

大規模PCRセンターがオープン2021年12月末に突然実施され「東京都無料PCR検査」。しかし、満足に検査キットが供給されず都民から批判されています。その後、実施期間が1月末から3月末に延長されたのに伴い検査実施会場も増えていますがマス[…]

「PCR now」Webサイト
赤坂見附の「大規模PCR検査センター」
赤坂見附の「大規模PCR検査センター」
「大規模PCR検査センター」のWebサイト
「大規模PCR検査センター」のWebサイト

しかしその後、検査を仕事の帰りではなく休日の土日に行くことにしたため、赤坂見附は自宅から遠くなったので「木下グループ吉祥寺店」に検査場所を変更しました。
「木下グループ」は「東京都無料PCR検査」の最初からの事業者です。しかし、事前予約が必要で、かつ検査結果が翌日(「大規模PCR検査センター」は当日)になるなど「大規模PCR検査センター」よりマイナス面が多かったので利用を控えていました。しかし、休日自宅から近い場所での選択肢となると吉祥にある「木下グループ 吉祥寺店」は利便性が高いので3月からは「木下グループ 吉祥寺店」の利用としました。

「木下グループPCR検査センター・吉祥寺店」
「木下グループPCR検査センター・吉祥寺店」
「木下グループPCR検査センター」のWebサイト
「木下グループPCR検査センター」のWebサイト

ノーマスクが増えた影響

厚労省のノーマスクを推奨するポスター
厚労省のノーマスクを推奨するポスター

信じられないことに、政府・厚労省は6月からノーマスクに誘導し始めました。
ポスター、リーフレットなどを作成し配布。テレビなどのメディアを通じて積極的に告知を進めています。これに対して、いつもの通りメディアは何の疑問も挟まず政府の告知を垂れ流しで広報化です。
感染者数が大幅に減っているのなら実施する理由もあります。しかし、現実は感染者が増えている状況。この状況で行うのは狂っています

この結果、街中にはノーマスクが激増しました。パンデミックが始まってから今まで3年間はほとんど街中でノーマスクは見ませんでしたが、6月以降は繁華街だけでなく電車内でも平気でノーマスクで乗車してくる奴らが増えてきました。こいつらは、そもそもマスクを持っていません
特に、大江戸線が最悪。1編成の車両に数名ノーマスクがいる、というレベルではなく1両ごとにひとりはノーマスクがいます。その度、ノーマスクのいない車両に移動するのが負担です。

厚労省の告知では、2mの距離が取れない時や公共交通機関では今まで通りマスクの着用を求めています。
しかし、現実は、この厚労省の告知後にノーマスクでマスク着用が求められている街中や電車内でノーマスクが激増しているのは明らか。私はテレビを見ないのでニュースやワイドショーでどのような報道をしているのか知りませんが、現実を見るにもうマスクは必要なしとの印象を与える報道をしていることは知れます。政府だけを見て国民を見ないのは広報と言い報道とは言いません。百害あって一利も

PCR検査場所の変更

このような状況になると感染リスクを下げるため、なるべく外出をしない、特に電車など混雑した室内にはいない方が良いのは明らかです。
PCR検査をするためわざわざ電車に乗るのは矛盾した行動になってきます。

そこで、自宅から自転車圏内で「東京都無料PCR検査」ができる場所を探したところ「駅前PCR検査センター」という名前で展開している事業者がありました。
「駅前PCR検査センター」は、店舗数が多く、いずれも駅前という立地で便利です。ただし、検査結果が翌々日と遅いのがネック(この記事を書くので改めてWebサイトを見たら13時検査で当日通知となっていた)です。

「駅前PCR検査センター」
「駅前PCR検査センター」
「駅前PCR検査センター」のWebサイト
「駅前PCR検査センター」のWebサイト

でも現状、感染リスクを下げることがもっとも必要なので自転車圏内の「駅前PCR検査センター」で検査をすることにしました。
自転車圏内の「駅前PCR検査センター」に最初に行ったのは6月下旬の日曜。営業開始の9時に行きましたが待ちなしの1番で検査できました。思惑通り順調な変更でした。

ところが、7月中旬になると様子が一遍!

いつもの通り開店時間9時の少し前に行ったら既に20人以上が並んでいます!
「何事か?? 先週は営業開始前には誰もいなかったのに…」。最初は理解できませんでした。
案内に来た担当者に聞いたら「そう、最近検査する方が増えました。このため、長く待つ方には整理券を出し、予約時間に来てもらうようにしています」とのこと。

「東京都無料PCR検査」開始から6月までは各事業者の検査センターはガラガラ。「無料でPCR検査ができるのに何故利用しないのか!」と思っていたくらいです。
しかし、7月に入り感染者が爆増。東京都だけで1日に1万人だった感染者が先週の倍々で増え、アッという間に2万人になり、3万人を超えました。

「東洋経済 ON LINE」の全国の「新型コロナウイルス感染の状況」
「東洋経済 ON LINE」の全国の「新型コロナウイルス感染の状況」
「東洋経済 ON LINE」の東京都の「新型コロナウイルス状況」
「東洋経済 ON LINE」の東京都の「新型コロナウイルス状況」

これだけ急激に感染者が増えると、いつもは政府広報のメディアの垂れ流す情報を信じ切っている国民でも、多少は情報に疑いを持つ層が出て来たのでしょう。
同時に、国や自治体が何もしないなら自分の身は自分で守る必要を認識。そのために、PCR検査に流れてきたようです。
正直、「3年経過してやっと? 遅過ぎ!」とは思いましたが、政府のノーマスク推奨をいまだに信じている層よりはマシです。

一方、私個人としては日曜の朝イチに来ても1時間待ち。その間、街中をブラブラや喫茶店で時間を潰すのでは近場でのPCR検査で感染防止のメリットがありません。
そこで、PCR検査の場所を再考。その結果、平日の帰宅途中に「大規模PCR検査センター」でPCR検査をすること切り替えました。
「大規模PCR検査センター」は当初赤坂見附駅しかなかったのですが、その後新宿駅にもできたので、そこを使用します。新宿駅は帰宅途中の乗り換え駅なので時間的なロスは大きくありません。

「大規模PCR検査センター」の会場
「大規模PCR検査センター」の会場
新宿・歌舞伎町の「大規模PCR検査センター」
新宿・歌舞伎町の「大規模PCR検査センター」

ただ、場所が靖国通り沿いの歌舞伎町なのが少々心配な点でした。
事実、新宿駅東口から「PCR検査センター新宿歌舞伎町会場」まで歩いてみると心配していたことが現実に起っていました。ノーマスクの奴らがウヨウヨいます
PCR検査に行くために逆に感染リスクを冒すのも矛盾している気がします。同じ新宿駅でも南口や西口なら周辺環境が良かったのに場所の選定が残念と感じました。

今の勤務先が秋に飯田橋駅に引越します。
飯田橋駅には幸いなことに「駅前PCR検査センター」があります。その環境なら帰宅時間以外、昼休みでも検査に行くことができメッチャ便利になります。
歌舞伎町でのPCR検査はそれまでのつなぎで我慢するつもりです。
よって、今はなるべく早く飯田橋への引越が済むように願っているところです!

【追記 08/12】

「駅前PCR検査センター」が、最近の混雑緩和のため開始時間を9時から7時に前倒しにしていました。

12日、「大規模PCR検査センター・新宿歌舞伎町会場」に行くつもりで自宅を出発。8時半頃、途中にある「駅前PCR検査センター」を念のため除いて見ました。30分前なので待ち人数が少なかったら近場の「駅前PCR検査センター」でPCR検査を済ませられないかと思ってです。
すると、もう営業開始していました!

「あれっ? もうやってるんですか?」と聞くと「はい!」との返答。
「9時からじゃないいんですか?」と問うと「混んでいるので8月末まで限定で7時開始にしています」とのことでした。

「えっ〜、聞いていないよ〜!」との気持ちでした。
Webサイト上での告知はありませんでした。また、すべての検査センターで開始時間の前倒しを実施しているか不明です。もしかすると、特定の検査センター限定かもしれません。
気になる方は近くの「駅前PCR検査センター」へ問い合わせしてみてください。

以上、追加情報です。

関連記事

大規模PCRセンターがオープン2021年12月末に突然実施され「東京都無料PCR検査」。しかし、満足に検査キットが供給されず都民から批判されています。その後、実施期間が1月末から3月末に延長されたのに伴い検査実施会場も増えていますがマス[…]

「PCR now」Webサイト