monkhimself Football by Design-ja.com

iPad 結局、購入は「iPad Air」SIMフリー版に(^^;)

iPadの新価格

10月17日午前2時(日本時間)からAppleのイベントがあり、新しい「iPad Air」が発表になりました。

名称は事前リーク通り「iPad Air 2」
スペック、外観デザインも噂通りでした。
ただ、モデルが32GB/64GB/128GBではなく、16GB/64GB/128GBの3モデル。これは、先月発売された「iPhone 6 / 6 Plus」と同じモデル構成です。

この発表を踏まえ、私の購入モデルは、

「iPad Air」SIMフリー版 32GB

にしました。
そう、新しい「iPad Air 2」ではなく昨年発売の「iPad Air」です。

当初予定の「iPad Air 2」にしなかったのは単純に予算オーバーになったからです。

私が一番危惧していた、円安による販売価格のアップが当ってしまいました。
昨年の「iPad Air」は1ドル100円換算。それが今回は、1ドル110円換算になっています。昨今の円安なので予想していたとはいえ残念です。
この結果、「iPad Air 2」の本体価格は「iPad Air」の旧価格と比較して下記のように変りました。

容量旧価格(税込)新価格(税込)
16GB 66,744円73,224円
32GB77,544円
64GB88,344円85,104円
128GB99,144円96,984円

16GBは円安分アップ、32GBがなくなったので64GBと128GBは円安ですが多少安くなっています。

16GBか32GBか迷っていた私は、発表前に32GBモデルで固まっていました。その私にとって今回のモデル構成では選択肢が64GBになります。
旧価格32GBの予定での出費と新価格64GBの出費を比較すると77,544円が85,104円となり、7,560円もアップです。

そこで、予定を見直しました。
そもそも今回の買替えの一番の希望は、Wi-Fi版からSIMフリー版にする事です。スペック的には「iPad Air」で十分満足しています。
ならば、「iPad Air 2」発売で安くなった旧機種となる「iPad Air」の購入でも構わないのではないか?
「iPad Air」の新価格で試算してみる事にしました。

項目価格(税込)
「iPad Air」SIMフリー版 32GB新価格 66,744円
「iPad Air」Wi-Fi版 16GB買取価格28,000円
実費負担38,744円

今回は、ここで売却

ちなみに、「iPad Air 2」SIMフリー版 64GBだと実費負担が18,360円アップの57,104円にもなります...

「iPad Air 2」と「iPad Air」の違いで私が興味を引くのは「Touch ID」機能くらいです。
少し軽くなり、薄くなっていますが、それらを合わせてもプラスで2万円近く払う価値があるか? ですね。
私は、それだけの価値を見いだせなかったので「iPad Air」を選択しました。

ブログネタ的には「iPad Air 2」SIMフリー版 64GB購入ですが、先立つものがなかったので仕方がありません。
8月、9月のMNP乞食でもっと儲けが出ていれば、と後悔しています(^^;)

結局、今年は「iPhone」も「iPad」も最新機種にしなかった私。
スマホもタブレットも、スペックが既に必要にして十分になっています。
また、Appleにあったデザインの先進性や質感も失われて来ています。特に、今年の「iPhone 6 / 6 Plus」と「iPad Air 2」にはそれを強く感じました
今までのように、新機種が出たら買うのではなく、今後はホントに気に入ったモノだけを買うようになるのかな、と思っている今日この頃です。