PowerMac G4/400内部電源を交換

先日、異常音がするので内部空冷ファンを替えました。これで異常音が出なくなったと書きました。
しかしあれから3週間後、またまた異常音が発生しました。
ということは、犯人は内部空冷ファンではなかった(^.^;)。
疑いは電源用8cmファンに向けられます。電源の載せ替えは手間がかかるので内部空冷ファンであることを期待して、まず内部空冷ファンを載せ替えしたのです。しかし、こうなったら電源を載せ替えるしかありません。
パソコンショップの自作売り場で電源を見たら400Wまでなら10,000円以下でした。電源ファン用の8cmファンでも2,000円位します。現在のG4/400の電源が237W(Appleのスペックでは200W)です。電源を丸ごと載せ替えればファンの交換の他に電源容量もアップできます。電源の載せ替えの方がコストパフォーマンス的が高いので電源の載せ替えに決定しました。
ATX電源のメーカーの各webサイトでスペックと価格を比較検討しました。現在が250W弱なので350Wでもよかったのですが、大は小を兼ねるで400Wにしました。価格も350Wと400Wで大幅に違っていませんでしたし。

購入したのはAcBel製(輸入代理店・ユーエーシー)のATX電源です。型番は「ATX-400P-SAS」で、出力400Wです。新宿のヨドバシカメラで8,800円でした。
DOS/Vコーナーという、Macユーザーの私が通常は行かない売り場でしたので居心地が悪かったです。
電源載せ替えに際して、Tak.(今井 隆)さんのwebサイト「MYSTIC ROOM」を参考にさせていただきました。
「MYSTIC ROOM」で PowerMac G4/400の場合は20ピンコネクターの18ピンと8ピンの2カ所をカットすればよいと掲載されていました。これなら間違いがなく載せ替えができると確信して決行を決意しました。

 「ATX-400P-SAS」開封

代理店が「ド派手にして目立つパッケージにした」というAcBel製電源の外箱。
静音設計ということで公称23dBとなっています。

電源の他にACコンセントと取り付けネジ4本が梱包されています。
私が始めて対面したDOS/V用のATX電源。
「ATX-400P-SAS」はオリジナル電源と異なり連動コンセントがなく、電源スイッチとなっている。
出力は、下記の通りです。
+3.3V/20A
+5V/28A
+12V/16A
-12V/0.8A
5vsb/2A
オリジナルのG4/400の電源のスペックはここを参考にしてください。

ピンは、下記の通りです。
MB 20pin×1
12V 4pin×1
5V/12V 4pin(BIG)×5,
4pin(Small)×2
S-ATA×1
シリアルATAコネクター2個
最近のATX電源は18ピンが接続されていないとwebサイトに記載されていましたが、その通りで私が購入したATX電源も18ピンは接続されていませんでした。
 8ピンをカット
本体に載せ替えてから不良が発見された場合、もう一度取り出さなければいけなくなります。同じ作業を二度行うのは無駄ですので、本体に載せ替える前に各端子電圧をチェックし動作確認をしようとしました。
AC電源をつなぎ、スイッチを入れましたがファンが回りません。全然回らないのはおかしいとは思いましたが、しばらくして暖まらないと回らないような仕様なのかもしれないと思い、気を取り直しまず電圧チェックをすることにしました。
しかし電圧も出ていません。20ピンも4ピンもまったく電圧が出ていないのです。AC100Vは来ているので電源がまったく動作していないことになります。
ATX電源など私にとって未知のパーツなので、自分では解決できませんので、販売店に電話してみました。店員さんは「20ピン・コネクターをボードに接続しないと動作しないはず」と回答してくれました。代理店にも問い合わせしたら同様の回答でした。
初めて知りました。ATX電源って、ボードに接続しないと動作しないのですね。DOS/V自作マニアには常識なのでしょうね。私はMacユーザーなのでまったく知りませんでした。
私はオーディオ・アンプなど長く自作してきました。動作確認はAC電源を入れてテスターで電圧チェックが基本です。同様の手順でATX電源もOKだとばかり思っていましたが、違いました。
「静かなPC」を参考にし、8ピンを外す予定でした。しかし、20ピンのすき間に入るような細かい工具がありませんでした。しかたがないので、思い切って8ピンケーブルをカットしてしまいました(^.^;)
カットしたケーブルは熱収縮チューブを被せ事故を防止します。
 載せ替え作業開始
いよいよ載せ替え作業です。
ここの手順も「MYSTIC ROOM」を参考にして作業します。
すべてのコネクターを外します。内部空冷ファンのコネクター(私のG4/400は先に内部空冷ファンを交換しましたのでオリジナルの2ピンコネクターではなく4ピンコネクターになっています)、そして20ピンコネクター(写真)です。
そしてHDコネクター。私はHDを1台増設していますので、全部で2ヵ所です。
最後に先日載せ替えたDVD-R/CD-Rのコネクター。
そのままではコネクターが外しにくいので、面倒でも一度フロントベゼルを外しDVD-R/CD-Rを前に移動しました。
内部空冷ファンの取り付け金具の裏を電源からのケーブルが通っているので、面倒でも内部空冷ファンを取り付け金具ごと取り外します。
さて、いよいよオリジナル電源の取り外しにかかります。
内部取り付けネジ1本を外します。
それから背面の六角ボルト3カ所を外します。
落下しないように注意してオリジナル電源を外します。
この時、カバー固定具が邪魔になりましたので外部に引いてスペースを作ってから取り外しました。
オリジナル電源に付いている取り付け金具を「ATX-400P-SAS」の同じ位置に取り付けます。
「ATX-400P-SAS」をG4/400に取り付けます。
内部ネジ1本と六角ボルト3本をしっかりと締めつけます。
内部空冷ファンの取り付け金具を電源からのケーブルを後を通して取り付けます。
20ピンコネクターをボードに接続します。
同様にDVD-R/CD-R、HD、12cmファンの各コネクターに4ピンコネクターを接続します。
4ピンはすべて+12V、+5Vなのでどれを接続しても間違いにはなりません。この辺パソコンの接続は単純なので助かりますね。
ここで一度、電源の投入し、不具合が発生しないか、目と耳、そして鼻で確認します。トラブルが発生したら最悪ボードがダメになる可能性もありますので、緊張します。
しかし、何事もなく無事に電源は投入されました。
サイドパネルを閉じ載せ替え作業は終了です。

最後にMacが正常に起動するか否か確認します。
ディスプレー、キーボードなどを接続します。準備が出来たらキーボードのパワーキーを押します。
ハッピーMacが出ました。アイコンパレードも始まり機能拡張もトラブルなく読み込まれていきます。
そして、無事に起動終了しました。
載せ替え成功です。パチパチ!

私は今までMacを改造した事はありませんでした。メモリーの増設やHDの増設だけでした。
しかし、今年になってからDVD-ROM/CD-ROMの不良、ファンの異常音とトラブルが多発。仕方なく載せ替え作業を行うはめにになりました。
過去にはオーディオアンプを自作していましたので、分解の作業ポイントやハンダ作業は難しくは感じませんでした。パソコンの自作なんて結局コネクターの接続だけですからね。
今回電源を載せ替えたために、私のG4/400もオリジナルはボード回りだけになってしまいました。

まだ載せ替え完了から数時間しか経過していません。電源の載せ替えによるトラブルが今後も発生しないかは時間が経過しないと分かりません。また、ファンの異常音が解決したのかも数週間しないとはっきりしません。
もし、何かトラブルが発生したら追加で報告をします。

【注意】
お約束です。
改造によるトラブル、故障、破損など一切の責任は負いません。改造に伴う責任は各自で負って下さい。